ブログトップ

桜、舞い散る

先日のことですが、親友の妹さんが亡くなりました。
享年18歳でした。
彼女のことは3歳くらいの頃から知ってました。
最後にあったのは2年くらい前のことだけど、ロリータが良く似合う本当に可愛らしい女の子に成長してて、感動したりした。
それからも友人から近況報告を聞いたりしてた。彼氏と住んでるんだって。
それが突然、ぽっくり逝くんだもの。
県外に行ったきりの親友がようやく故郷に帰ってきたと思ったら身内のお葬式だもの。
つらすぎる。
ショックだった。
月曜日にお葬式に参列した。親友やおばちゃん達の顔を見たら涙が止まらなかった。
妹さんには婚約者がいた。彼はまだ22歳だ。
静かに、静かに、彼女の顔を見つめては涙を流していた。あの姿が忘れられない。
彼女がもう、苦しまず、穏やかでいられますように。
彼がどうか、幸せになれますように。
親友がこの死に、責任を感じませんように。

舞い散る桜の花を見ていると、なんだか生きてることが試されてるようで、堪らない。
神も仏もあったものか。
苦しみだらけの生活に喜びを見つけるのが人生だ、と誰かが言ってたかも。

私はしっかり生きていかなきゃ、って思う自分と
人生って一体何や?、と疑問に落ち込む自分がいる。

眠ってた彼女の最後の顔と婚約者の後姿が、忘れられない。
心からご冥福を祈ります。
[PR]
by gogo-8030 | 2007-04-04 22:34 | 独り言