ブログトップ

これが秋の桜島さ。

c0000967_1849497.jpg

いや~ホント何にもすることがないっす。働け若者よ!
気持ちがヘタれると、桜島にゆったり逢いたくなる。
鹿児島市内ならどこにいても桜島が見えます。
そうはいっても高台からが眺めがよいもので
住むなら桜島が一面に望める高台にってのが鹿児島ステータス。
うちの近所の墓場からも美しく見えますが、雄大さは近づけば近づくほど感じられるもの。
鹿児島市の桜島桟橋から桜島フェリーに乗れば約15分で桜島へ渡れます。
錦江湾を渡り、どんどん近づいてくる桜島を見ると薩摩っこは武者震いする(笑)
まぁ、渡らなくても対岸では十分によく見えるけどね。
鹿児島市一番の繁華街・天文館から徒歩10分ほどで行けるドルフィン・ポート。
2~3年前に出来たばかりの、何て言うのか、お土産屋あり食べ物屋ありカラオケ屋ありの「道の駅」的要素いっぱいの娯楽施設。
埋立地なんですが、芝生が生えそろい、離島向けのフェリーも行き交う錦江湾を静かに眺められる広場があるんですよ。
街に出てもヒマな時はよーここへ行きます。
あと、天文館からはバスで20分程の磯海岸。旧島津藩邸の眼前に開ける砂浜と海と桜島。
『泣くよっか ひっとべ!』といわしめる桜島だけあります。
ニュースにもなったけど、60年ぶりに昭和火口が火を噴き、
今年になって噴火活動が活発化。最近もよく灰が降る。
わたしが4・5歳の頃は毎日のように空が暗くなって灰が降っては積もりしていた。
あまりの降灰に車のワイパーが動かなくなり、車が走れないってこともあった。
小学校では授業1時間を校内の灰取り作業にあてがわれたりした。
黄色い灰専用のゴミ袋があるんですよ~。プールにも降灰用のビニール屋根もあったし。
桜島が噴火すると、ドンってガラス窓が揺れ、家中が軋む。
溶岩の赤い火花を見るとゾッとしたものですよ。
そうそう、桜島って昭和時代には登れたんですって!今じゃ信じられない話。憧れる。
活火山と暮らす街・鹿児島。どうですか?飽きれましたか(笑)?
ま。鹿児島においでになりましたら悠然な桜島に話し掛けてみてくださいよ。
絶対、大丈夫って思えるからさ。
桜島の噴火活動に興味を持った方は、こちらをどうぞ。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-10-10 18:49 | 独り言