ブログトップ

ジョニーって誰?

これまたきっとBLANKEY JET CITYの住人なんでしょうけど。
「ヘイ!ジョニー!」って歌われると某トライセラの「ジョニーデップ」っつー
歌をどうしても思い出してしまうんです。わたしは意外とコアなファンなんで(笑)
浅井健一さんの「Johnny Hell」を聞いた感想を申し上げます。
そりゃーもうっベンジーファンに袋叩きにあうこと間違いなしの感想文です。
悪気はないので見逃して。

「Johnny Hell」は全13曲入り。歌詞カードにクレジットが記載されてないんで
どれが誰との演奏なのかは、自分の耳をもって知るしかない。
って、わかんねーよ!!!
シングルカットされてる「危険すぎる」と「WAY」以外は、SHERBETS色が濃厚。
JUDEのような原色水玉模様入ったの毒キノコ的な曲はないです。
全体的に哀しいです。美しい悲しみではないです。
それでいて音はものすごく綺麗。ギターの音も多種多様。
ただ、私はこのアルバムを聞いてると「行き止まりだね」って思ってしまって。
途方もないところへ来てしまった、って行き止り感と。
この気持ちをどこにやることもできない、って行き止り感。
だからお昼間にこのアルバムを聞きたくない。夜にベッドで眠りながら聞きたい。
一通りアルバムを聞いた時、JUDEの「HIGHWAY CHILD」に雰囲気近いなぁと思った。
ブランキーの頃からファンでいる人たちはどう思ったのかなぁ。
私はJUDE、しかも前記のアルバムからベンジーを好きになったから、こうゆー世界観は受け止められるけれど。
これを好きとか嫌いとか、今は言えない。言えないよ。
BLANKEY JET CITYは今、夕暮れなんでしょうか?
ジャケット写真はアリゾナをバイクで走りぬけるベンジー。これはカッコいい。
その写真も赤紫に色調に統一されている。
…なんかもー、ものっごっつ哀しいのは私だけ!?平常心でアルバム聞けないよ。
ベンジーはどこに行こうとしてるの?どこへ去ろうとしてるの?
冒険って何?どこまで行けば満足するの?満足するための冒険なの?
答えはベンジー御大のみぞ知る。
・・・・。ライブはアレンジ変わってはじけるといいね。昔の曲もやるって言ってたしね。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-09-28 18:51 | JUDEというか浅井健一さん