ブログトップ

影絵の世界

藤城清治さんの影絵の展覧会を見てきました。
影絵っていっても色とりどりの世界で、
展示数も多く、見ごたえタップリ。
ゆっくりゆっくり見ていったら2時間かかりました。

藤城清治さんの影絵といえば、みんなのうたとか
あと、ごんぎつねの挿絵が印象に強くて。
でもそんなもんじゃない。
繊細に切り抜かれた黒の世界にいろとりどりの光があふれていて
金があれば買占めたい!衝動に駆られました。
ムリだけど・・・

展示の中には影絵作品を中心に、下には水面をはり
左右にはガラスを貼るといった展示もあって。
これはもう幻想的。作品の世界が水面にも写ってゆれて
左右には無限に広がっていく。
この作品の前には10分ほど立ち尽くしてたかも。


お土産品には1000ピースのジグゾーパズルもあったんですけどねぇ。
パズル好きなんだけど。ますます引きこもるな。
今の私には集中力がないか。
といった理由をつけて、200円のポストカードを5枚買って満足させました。

またいつか藤城さんの展覧会を見れたらいいなぁ。
[PR]
by gogo-8030 | 2010-08-22 22:38 | 独り言