ブログトップ

真心の宴会

真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛』@鹿児島11/6に行ってきました。
あぁ、なんて季節にタイムリーなアコースティックライブ!
よくもまぁ2人っきりでツアーできるなぁ、なんて思っちゃったりしたけど
最高に仲良しなお二人さん。さすがです。

いつもはスタンディングの会場に椅子が、整然と並んでいるのを見て
ちょっと心が乱れました・・・そんなつもりじゃない格好してたので。
ステージに真心さんが登場して、
客席から座って見上げるライブってのが慣れなくて、ちょっと可笑しかったり。
片手にビール飲みながら、じっくり音楽を聴くっていうのもいいなぁ~
2人っきりで、息を合わせて演奏する様を見てると
こーゆーのって真心はやっぱ格別だなぁ、とか思ったり。

とにかくMCが面白いんです。発言が自由すぎるんです。
「ライブ中はNOツィートでお願いします!」を繰り返してました(笑)
なんでもかんでもすぐツィートされるから、他のライブにしてもMCが面白くなくなってきたって。
MCで話したそばから情報漏洩されちゃうんだなぁ。
でも、わたしもこれだけは言いたい。

見るからに「いい人」の桜井秀俊さん。
YO-KINGが、愛にあふれる桜井さんに授けた新しい名前、「ラブらい秀俊」!
これ、うまいなぁ~ぴったりだなぁ~って感動しちゃいました。
や、ホント、ラブらい秀俊さんですよね☆

自分も歌いたいって言うと、YO-KINGに「えぇー全部歌うの?はしょってサビだけにしてぇ」
と言われても、笑顔で「順を追って歌わせて下さい」と返す桜井さん。
大人ですよねぇ~

ライブ後半にようやく立ち上がった真心さん。
「サマーヌード」や「空にまいあがれ」をやってたんですが、
なんか雰囲気的に宴会っぽくて・・・2人もそう言って笑ってました。
「うみ」「my back pages」「情熱と衝動」「サニー」「荒川土手」とか
吉田拓郎のカバーまで、アコースティックバージョン最高!
真心を十分に堪能できたライブでした。

今年の6月から始まってるこのツアー。残り8本、がんばって下さい。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-11-08 19:01 | LIVE

The One Nights'11

先週の福岡「MUSIC CITY 天神」でのイベント『The One Nights2011
土日の2日間とも見てきました。
会場は前回と同じ天神中央公園。お隣は大きな病院。
なんというのか、今年もやはり濃かった!
今年は2日間に分けての開催、ということで出演メンバーも2組に分かれました。
1日目は遠藤ミチロウ氏、三宅伸治氏メインで反原発ロック大会。
こーゆーことになるとはまったく想像してなかったので
正直、ちょっと面食らいました・・・。
この問題に関しては、ノリで「そうだそうだ!」ということもできないので
ただ聞いていました。
全体的な盛り上がり方も・・・イマイチでしたね。馬鹿騒ぎするような観客ではないので。
そう、ワンナイツの観客って年齢層高いんですよ。
去年もそう思ったんだけど、今年はさらに一段上がったような。それがいい。
『薄っぺらい歌なんか聴いて何が楽しいんだ!
俺は言いたいことを言って歌ってやる!』
遠藤ミチロウ氏・三宅氏とも、最高にロックンロールやってました。
もちろんキヨシローもやりましたよ。

あ、そうそう。1日目は黒猫チェルシーが30分ほどワンマンの時間もらえました。
なんか若さが空回りしているようなステージで(観客から見れば息子的な感じ)
私としては見れて嬉しかった。

2日目は百々とか佐藤タイジ(今年はヘンチクリンなスカート)とか、ウエノコウジが出てきました。
デビッド・ボウイのカバー曲がメインで、
これはもう、惚れ惚れするくらいカッコよかった。
今年は出店が少なく、ビールも買えず。とりあえず近くのコンビニで仕入れて飲んでましたら
お店の前で知人と話す普通の百々を発見。
なんかフジで見たときより一層、黒々としていてビックリ。偽者かと思ったよ・・・
そんな百々もステージ立てばロックスター☆
楽しそうだったなぁ。
印象的に一番頑張ってたのは、2日間ともマイク持ってた黒猫・大知くんよね。
先輩方の立ち位置気にしながら歌ってたもんね。健気よね。
あと川西も頑張ってたなぁ。場に溶け込んでて一安心でした(笑)

2日目のラストは1日目出演の遠藤ミチロウ氏も川西もみんな出てきて、無事フィナーレ。
キヨシローの雨上がりの大合唱でした。
楽器が持てずにうろつく川西とか渡辺圭一さんとか、ちょっとツボでした。

そんなこんなのワンナイツ。恒例のイベント化したい、とのこと。
してよしてよ。誰が出てきたっていいじゃない。何やったっていいじゃない。
また見れることを楽しみにしてます。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-10-10 19:18 | LIVE

不思議の国

髭ちゃんの「TRAVEL IN WONDERLAND」@0709鹿児島SRホールに行ってきました。
アルバムリリースでもなく、なぜ今このツアーをしているんだろう?
と疑問で、でもまぁ久しぶりの髭ちゃんのライブを見れればいっか。
そういう軽い感じでライブに向かったのですが。

HiGEのライブはいつでも本気だよ!!!

ってことでした。ありがたやありがたや。
しょっぱなから「ギルティーは罪な奴」ですから!
先月、伊豆で作ってきたと言う新曲がめいいっぱい披露されて
「さよならフェンダー」とか「HI HIソング」だったかな。
そしてそれが「サンシャイン」とはまた別方向を向いていて、

あぁ、やっぱり髭ちゃんのロックって最高☆

と思いました。
あの音の広がり、っていうのか重なりっていうのか、
うまく言えないけどそれぞれの楽器の音がちょうど良く広がって空間を埋め尽くす。
いや耳を埋め尽くす瞬間が髭ちゃんにはあって
それを感じるとき、やっぱり大好きだわぁと実感します。

新曲についてもいろいろと話をしてて
つーか、MCのトークが長くて面白くて、笑いすぎて顔が痛くなるくらい。
金曜ロードショーのくだりとか宮崎アニメのくだりとか。
いまさら龍馬ブームのくだりとか。

寿、「兼六園」と書かれたすげ傘を最初から最後までかぶってて
それをアイゴンが「いいなぁ~と思ってて愛媛でようやく買えたんだ」って。
え?それ羨ましがることですか?ってうちらはキョトンですよ。
さらにアイゴン、自衛隊出身ってことで。
これも更にキョトンとしたうちら、ノーリアクション。すみません。

あと、寿「水分はこまめに補給しろよ」「ってカトちゃんが言いそうだね」
あぁドリフネタね。言いそう言いそう、っておそらくオーバー30のファンが頷いて。
「でもカトちゃんはそんな細かいこと言わないよね。
歯磨いたか?とか宿題したか?とかだもんね。
そこが、カトちゃんとストちゃんの違い!」
寿、ドヤ顔決めてました☆
爆笑!うまいなぁー!
やっぱ寿、カッケー。惚れる。惚れてたけど更に惚れた。

ライブ中、寿は笑うってよりも微笑んでて、アイドルばりにいちいちファンに手を振ってて
斉藤くんは斉藤くんで何のタイミングだか爆笑してるし、
アイゴンとギター合わせて楽しんでるし。
新曲以外とくに目新しいこともなく(そんなに昔の曲もやってないし)、
いつもの100%楽しい髭ちゃんのライブ。
そうだよ、髭の楽曲おさらい会だよ、みたいに感じてたけど。
ただ単に、髭ちゃんがライブをしたかったんじゃないかなって、
ツアーに出たかったんじゃないかって思えてきて。

「いろいろ辛いこととかあると思うけど、俺はいつもここにいるよ」
って言ってた。
会いたかったんじゃないかな、自分らを待っててくれる人たちに。
本編ラストは「虹」。
思い出しておくれ、僕を
これを歌う時の寿の笑顔は最高にキュート!何度でも思い出せます。
アンコールラストはフィリポが出てきて「髭よ、さらば」

次に髭ちゃんに会えるのはいつなんだろう?
いつでも会いに行きたい。
髭ちゃん、わざわざ鹿児島まで来てくれて本当にありがとう、だ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-07-10 14:33 | LIVE

あぁ、やっぱり吉井和哉が大好きだ!

「Flowers&Powerlight Tour 2011」 福岡サンパレスの2日目に行ってきました。
ど平日!でも、どうしても行きたかったから!
仕事が終わったらすぐに九州新幹線に飛び乗りました。
全線開業してくれて本当によかった。だって鹿児島~福岡まで1時間30分弱ですから!
しかし、翌日も朝から仕事。最終便で帰る弾丸日程。

それでも、そうしてでも行ってよかったぁ。
私にしては約2年ぶりの和哉のライブ。
会場に着いたら禁断症状も末期状態。
ライブが始まって和哉を見たら、胸が苦しいわ息が出来ないわ。
つくづく、和哉に飢えてたんだわ…

地方公演の最終日らしく、服装はラフ?にヒョウ柄シャツに黒パンツ。グラサンなし。
いつもの妖艶な、カリスマロックスターの姿には間違いないんだけど
なんだか肩の力が抜けてる、っていうか

ほっこり感、出てる?

いやぁ、和哉に限ってまさかねぇ~とか思ってた訳ですが。
MCに出てきたのは、「ライブ前の楽屋で母親からメールがきてね」の話で。
母上さまはケータイサイトの会員に知らぬ間になっていて、
毎回ツアーの感想を読んでは感涙している、とのこと。
『親の言うことを聞かずロックの道を進んだけれど、
あなたが誰かに感動を与える仕事をしていることを嬉しく思っている。
親の言うことなんて聞くもんじゃないわね』
そういう感じの話でした。

あぁ、これ、ほっこりしちゃった。
あと『父親のアキラさんもきっと会場のどこかで見ているはず』という一文もあったらしく
これにはもう、ほっこり極まって泣けてきました。
吉井さんのライブで母親の話とか、そういうのをMCで聞いたのは初めてだと思う。
そんな流れで聞いた「LOVE&PIECE」がとっても印象に残りました。

さすがだなぁと思わされたのは「今回のツアー中、いい花が育ってます。花の曲を2曲」
といって始まった「おじぎ草」
よりバンド感が出てて迫力がある。一瞬も聞き逃せない。
そうして始まる、壮大なピアノのメロディー。鬼気迫る感じ。
なんかとてつもないのが来る、と思ってたら「球根」。
鳥肌たった。曲の間中、鳥肌が消えなくて、震えが止まらなくて
意識的に呼吸をしていた。できるだけこの音を飲み込んでおかなくちゃって思った。

こうして今もライブが出来ていること、いいツアーが出来ていることへの感謝があって
自分の血縁のつながりと、そして会場にいる人たちとのつながりに対する敬意があって
さらに先に進もう、やるべきことをやろうという希望の決意があって。

本当にいいツアーができてるんだな。
いや、ホント、こうしてライブが見れて幸せでした。
来年はもっと細かく全国市町村を回る予定だとか。
『ヨシイ市町村!』って、さもおもしろいだろ?って得意げに言ってましたが。
ヨシイロビンソンをもじったのね・・・

次こそは、遠征することなく自分の街で和哉のライブを見たいなぁ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-22 18:58 | LIVE

SAWAO VS. YOUNG STAR

サタデーナイトに福岡までいって見てきました。
the pillows山中さわお氏、ソロライブツアー。
場所は、え?Drum Logosの裏にこんな建物あったんすか?的に
バスターズをびびらせたDrum Son。

今回のヤングスターはLOVE LOVE LOVEとカミナリグモ。
いわば、さわおさんのプライベートキングダムっすよ。
集まったバスターズはみんなさわおのこと大好きだし。
LOVE LOVE LOVEとカミナリグモはリスペクト・ザ・ピロウズの若手だし。
後輩引き連れて王様気分のさわおさんは、ライブ前にご挨拶をされました。
右手には透明な液体…明らかにアルコール。うん、お湯割りだね。
すでに顔が赤いし。
19時前でこの状態…きっとさわお氏の出番は一番最後。
もつのか?

そんなこんなで、とってもいい子達のLOVE LOVE LOVEとカミナリグモ。
ライブもすごく良くて、なんだか応援したくなるような
本当にいい子たち。

21時ごろになって、ようやく王様・さわおの出番。
正直に言って、お腹が空いて気持ちが集中できなくなってきた私。
出てきたさわお氏はそれでもなお、お湯割りを飲みつつライブを始めまして。
もう、ずるい!自分ばっか呑んで!おかわりするか!
って、ちょっとにらんだりもしてましたが。
いや、弾き語りのさわおさんて初めて見るわけで。
空腹のイライラも吹っ飛ぶくらいカッコイイわ、沁みるわで。
1曲目の「Music Creature」。第一声からヤラれました。
LOVE LOVE LOVEとカミナリグモのカバーもやりつつも、お湯割りをグビグビ。
だんだん目が閉じてきてるにもかかわらず、昨晩みんなで飲んだ話とか
「調子に乗ってまたソロアルバムを作ってる」らしく、
レコーディングの話とか、ベースは淳くんじゃなくてもいい!話とか。
淳くん…カミナリグモの後に会場後ろから見守ってくれてるのに・・・。

そうやってあからさまに酔っ払ってるさわお氏ですが、ギターはうまかったです☆
キチンと弾いて歌ってました!
さわおの弾き語りっていいなぁ。
ほとんどさわおの一人舞台で、後半2曲だけ+カミナリグモバンドでした。
ビートルズの「IN MY LIFE」のカバーとか、なんかもう、泣いちゃいそうなくらい良かった。
そうか、こうなるのか。
って、さわおのこの歌が聴けて本当によかったと思わされた。

アンコールは「みんな嫌な気持ちで帰れ!」というドS発言により
このツアー中に作ったという、これまたドス黒い歌。
しかし、一番印象に残ったなぁ。
10月くらいには新しいソロアルバム出すらしいです。
このドス黒い歌が入るなら全編英語詩ってことはなさそう。

あぁ、大変貴重なライブ。
そして昨今感じたことのない空腹感と、なんともいえないモヤモヤ感を持って(ラストの曲のせい)
夜の天神を帰りました。

このツアー、ファイナルはノンアルコールでやって欲しいな・・・
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-20 17:21 | LIVE

吠えてる!

ピロウズの「HORN AGAIN TOUR」@Zepp福岡3.04に行ってきました。
平日!花金!
仕事はお昼からお休みもらって、新幹線つばめに飛び乗って。
開場ギリギリセーフでした。
ちなみに新幹線つばめはもうお仕事御免。12日からは新幹線さくらの開通です。

1年ぶりのピロウズのライブ。
思ったことは、「ZEPPはやはり広い」。
音の抜け感がねぇ。なんとなく物足りない感じ。
LOGOSに戻ってくれるのがちょうどいいと思うの。

ステージバックには大きなフラッグ。刻まれてる言葉が「TEAM PILLOWS」。
初心に戻ったねぇ。
アルバム「HORN AGAIN」は本当に大好きだから、
予想を裏切らない「LIMP TOMORROW」はしびれた。
今回のセットリストも素晴らしかった。
オレンジ・フィルム・ガーデン、ハッピーズー、sweet buggy days、moon is mine。
『夜ってだけで楽しい~♪』なんて聞けると思わなかったよ、ヒャッホー!
やっぱピロウズっていいなぁ。聞いてて気持ちいいし。
演奏で、あれれ?って思ったことが一度もない。いいバランスだよなぁ。
LILYとかsad fad loveとか、バスターズがなんとなくそろって横揺れしてて
よかったなぁ。

今回のMCトークネタは翌日に公開がせまった映画「わさお」。
「わさおはムダ吠えしないらしいけど、うちのさわおは吠えてばっかり!!!」
というさわおさんのコメントが一番のヒットでした。
そんな無駄吠えさわおは犬の気分なのか、やたらと犬の歌詞が多かった気が・・・
オレンジフィルム~も「しつけの悪いペット犬の気分」ってとこ、
やたらと力込めて歌ってたし(笑)
まぁ、ハッピーズーやってるくらいだしね。

さわおさん、痩せました?
今回は黒バスター君Tシャツ着てたけど、なんか首から肩にかけてのラインが美しすぎて。
思い出すだけで生きていけそうなくらい。

あぁ、思い出した。
さわお、このツアーではCOCOイチのカレーがお気に入りで毎日のように通ってるけど
COCOイチ党首はねづっちで、『あいつは毎日食ってないだろ?絶対オレが党首だ!』
その通りだ、バスターズ、パチパチパチと拍手。
その後、チャチャっとすばやくギターの音あわせするさわお。
『はい、整いました。』
にんまり。
うまい!思わず拍手。
いつからこのネタ、この流れ考えてたんだ!!!!
考えれば考えるほど面白くなって、次の曲が大好きな「nobody knows~」だったんだけど
笑いこらえるのに必死で集中できなかったyo!

セットリストもおいしくて、きっと、集まったバスターズも素晴らしく良くできたピロっ子だったんだけど。
MC開けにガツンとした曲をされると、ちょっと乗り遅れてしまって・・・
エメラルドとかmovementとか。
そこだけが自分的に残念だったかな。

あぁ、でも。ダブルアンコールはハイブリだったし。
「TEAM PILLOWS」の再確認だった。

最後の最後、「ツアー始まる前はいろんなこと考えて、嫌なことも言ったりしたけど
ツアーが始まってステージに立ったら、そんなこと一瞬で吹き飛んだよ」
ってさわお言ってた。
バスターズの疑いが晴れたのなら、それで満足です。
また遊んで下さい。



zepp近くの昭和くさい飲み屋さんで気持ちよく飲んでたら
「今日は誰のライブだったの?」って店員さんが聞くから
ピロウズです!って潔く答えたら、「あ、ごめんなさい・・・詳しくなかった」って謝れました。
そうですよね、いえ、こちらこそ強気になってすいません。
わたしたちも初心に戻って、これからも頑張りますから。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-03-10 18:46 | LIVE

PONTIACSの2011ツアー『GALAXY HEAD MEETING』@DRUM LOGOS福岡まで行ってきました。
極寒の週末。
会場外で待ってる間には小雪が舞いましたわ。

ポンチャン。フジロックで見たときは、ココまでとは正直思わなかった。
正直、これまでのベンジーの世界と何も変わってないと思ってた。
が、しかし。いざアルバムが出てみると、その音の違いにビックリしちゃった。
ベンジー、テンション上がりすぎでしょうよ。
スーパーハイテンションだ。
なのに某雑誌のインタビューでは「もうこの先音楽活動はしないかもしれん」とか言い出すし。


緊張と興奮のライブ。

いや、大興奮のライブでした。あぁ、やっぱベンジーは神様だ。
そして照井さん。いや、テリー、あんたやっぱすげぇよ。
戦場カメラマンみたいなグレーのベレー帽かぶってさ、
「72」イニシャルT-シャツ着てさ、表情を微動だにもせずに演奏するアンタには完敗だぜ。
テリーがいるだけで、いい。テリーが弾くだけでいい。
ベンジーの気迫が断然違う。

ベンジー、『ハロー博多ベイビーズ。みんなでミーティングしようぜ』って言っただけだ。
これ、もう、最高にいい。こんなミーティングなら何度でも。
あと、ファンがあけましておめでとうって言ったのに答えただけ。
もちろん、最後の挨拶は丁寧にしてくれたけど。


テリーも老いたけど、ベンジーも老いたなぁ。でもギターの音は相変わらず魔力たっぷり。
あのギターを聴くだけで胸が苦しくなる!
なんかもう、二人が並んでギターがし弾きしてる姿を見ただけで
「神様ありがとう」って何度も拝んでしまったよ。
益男もいいなぁ。北九州出身なんだって。九州男児。あら、池畑さんもじゃなかったけ?

PONTIACSのアルバムの他に、新曲と、原爆、グリーンジェリー、人はなぜ、
アンコールでは「危険すぎる」もやった。
もちろん、ベンジーを指差し確認。危険すぎるのはオマエだっつーの!!
人はなぜ、これはもうテリーがいてよかった。と思わせる1曲だった。

なんか分からないインストの曲は爆発的に盛り上がった。
「海賊」以来の爆発インスト、最高☆
栗山千明にあげた「コールドフィンガーガール」もやった。やっぱベンジーがした方がいいって!


こんだけはっちゃけたベンジーは、何年ぶりだ?
まだツアー始まって間もないのにこのテンションって。後が怖すぎるでしょう。
新曲もとがってたし。PONTIACS、まだまだ続いて欲しいな。
また来てね。また拝ませて下さい。

会場には渡辺圭一さんもいらっしゃってました。ジーンズのつなぎにグラサン。かっこぇぇ。
ひさしぶりにグッズ買って帰りました。
あぁ、ほんっと疲れた!
[PR]
by gogo-8030 | 2011-01-19 19:34 | LIVE

funk-a-lismo!

SCOOBIE DOのライブ@10.11鹿児島、行ってきましたァ!
行ってよかった。
実感、ライブ力!

スクービー見たのは2009年、鹿児島でやってるVOLCANOというイベントで。
まともに見るのはそれ以来なんだけど、見たい!と思わせる力がこのバンドにはあるんです。
そして、スクービーにとっても今回は鹿児島初ワンマン。
どこに隠れてたのよ君たち?というような熱いオーディエンスに囲まれてのライブは
ひじょうーに、ひじょうに楽しかった!
ヤバイね、スクービーのグルーブ。
ぢつはアルバム一つも聞かずにライブに参戦しましたが(そんなことシュウさんは怒らない)
知らなくても踊れる、いや踊らざるをえない。
本当に熱い熱い夜だった。

スタッフが会場の客入りが少なかったとか言う、
世の中不況でCDも売れない、とかそういう話題が多いけど
俺たちは楽しくしようと思ってライブをしてる。
ライブに来てくれる人たちも楽しもうと思って来てる。
だから音楽はずっと愛されていくんだ。
だから君たちもずっとロックを好きでいて下さい
いつまでもロックを好きでいて下さい。

というような話をシュウさんがしたと思う。
なんかジーンとした。こいつマジでいいこと言うなと感動した。
そうなんだよね~今日のこの時間を楽しもうと思ってライブに行ってるんだ。
当たり前のことなんだけど、ちょっとしたことにイラついたりして
目の前で鳴らされる音楽を素直に集中できないときがあるんだ。
楽しみたくないと思って来てるファンなんていないはず。
時間とお金と労力を使ってライブに行くんだから、楽しまなきゃ損だ。

曲目とかほとんど分かんないですが、「何度も恋をする」からの曲と
あとベスト盤リリース時に鹿児島は回れなかったとのことでヒットメドレーをしてくれた。
what's going onはいいねぇ!トラウマも!
でも一番ジーンとしたのは、ダブルアンコールで聞かせてくれた「夕焼けのメロディー」。
マジでFUNK4、音力ゴイスー☆

またいつかスクービーのライブ見たい。できるだけ早いうちに。
[PR]
by gogo-8030 | 2010-10-17 18:01 | LIVE

ONE NIGHTS は奇跡

危うく帰りの高速バスに乗り遅れるとこだった…

昨晩が濃厚過ぎたのです。
31にしてディープな博多の夜を味わってしまった。

とにもかくにも、『THE ONE NIGHTS』は凄かった。
フリーライブで、しかも天神のど真ん中の小さな公園でやっちゃうんだから
さすがはめんたいロックしてるわ。

ライブ前半は、梶浦さん、ユウジ、百々、タイジのメンバーで始まって
いや、もうすでにスペシャルなんですよ!
なんちゅう音出すの!
公園の隣は大きな救急病院なんだけど、上の階の病室からナースが釘付けになるくらい。
いやぁ、やっぱしタイジはいいね。迫力ある。
30分くらいやったら今度はメンバー交替。

後半は池畑さん、渡辺さん、ヤマジさん、そしてチバユウスケ。
チバが来たときの歓声はすごかったな。まだまだ人気あるね。
このメンバーも豪華よね。
曲は洋楽とかルースターズのカバー。
原曲知らんくてもイケル☆
イギー・ポップの時に退場したはずの百々がたまらんっとばかりに
缶ビールを口に噛んだままステージに飛び出てきた!
楽しそうにチバの横でギター弾く弾く。
百々のこーゆーとこ、好き。やりきったら颯爽と退場したね。
チバが歌ったのはBirthdayの曲かな?

ここにさらに、大江氏登場!どーん!
男どもの隙間から見た大江氏はまさかのパーカーでした。
スカイブルーのパーカー…さすがめんたいロック。
天神中央公園にピッタリ。
そしてルースターズソング。
大江氏、歌うのはキツそうやった。
けど、ピロウズもカバーしてた「Good DREAMS」を聞いた時は
さわおちん、悔しかろうなって思った。
すぐそばのライブハウスにいたのにね。

最後の最後はメンバー全員登場。
今夜のこの9人が並ぶって、ちょっとありえん。
タイジがノースリーブに衣装チェンジしたのもありえんけど(笑)
なんかもう、今年の締めって感じやった。
これホントに無料でいいのかよ?みんな金払ってもいいって言っとったよ。


その後、うちらの打ち上げはコアなめんたいロッカーと
ディープなルースターズサイド話で盛り上がり、
某店で素のナベさんに遭遇…

こーゆう濃密な時を過ごすと、自分まだまだヒヨコッスって思うなぁ
あー福岡、楽しかった◎^∇^◎
[PR]
by gogo-8030 | 2010-10-03 19:21 | LIVE

走り書き

福岡へ行く高速バスの中から
これから『MUSIC CITY天神』のイベントを見に行くトコ

忘れないように髭ちゃん『サンシャインツアー』ライブ@928鹿児島をメモ書き↓

寿の喉の調子、悪かったなぁ…体調もあんま良くなかった?
いつものように勢いで柵に上がったはいいが、落ちた…!!!!
落ちた瞬間は見えなかったけど、マイクからゴンって鈍い音が響いて
数秒間、緊張が走りました。
寿曰く、『さっき俺かなりヤバい落ち方したよね?
水戸でも同じ落ち方したときは鈍痛が走ったけど、今日はなんともない!
ありがとう鹿児島大明神!!』
だって…みんな心配したのに。つか鹿児島大明神って何?初耳。
だけどお気に入りらしく、その後も何度か
『いるのかいないのか分からないけど、ありがとう鹿児島大明神!』
って言ってた。いいよ〜

「髭よさらば」でフィリポがフロントで踊り出したのが最高☆

後半の寿はヤケクソな感じで楽しんでた。

寿のテキーラダンスは最高にクール!

斉藤さん、「ロックンロールと囚人」のイントロ間違って泡食った(笑)フィリポのせいだ

ステージに6人は狭い!
アイゴン、すっかり馴染んだね。

久しぶりに「B級プロバガンダ」聞いた。

「下衆爆弾」ヤバカッケー!

ギター持たずに歌う「虹」、寿にキュン死

アンコールで寿は飲んでた缶ビールを客に回し飲みさせてた。
鼻血ブーで手を出せなかったよ…大サービスだね!

ダブルアンコールは『何が聞きたい?』なんてうちらに聞いてくれて
「クインテット」からの「溺れる猿」に。
その会話を聞いてた宮ッティがマジ?って固まったけど
最後はノリノリで前出てきて、やっぱしカッコ良し。

なんだかんだ言ったって髭が好き。
やっぱし髭ちゃんの出す音楽が好き。
気づけば5年連続で鹿児島くんだりまで来てくれてる。
本当にありがとう
[PR]
by gogo-8030 | 2010-10-02 10:41 | LIVE