ブログトップ

スーパー吉井和哉ライブ

c0000967_15481816.jpg

ついに!行って来ました吉井福岡マリンメッセ12.28!
ここの会場に来るのは吉井さんでは初めて。
そう、イエローモンキーでスプリングツアーを見て以来!思い出して涙!
てっか。すんげー寒いここ。
c0000967_15481727.jpg
チケット会社BEAとのグッズコラボ、BEABIRIくんグッズが買えるこのコーナーは長蛇の列。
並んでみたけど開場時間が迫ったあたりでお目当ての「吉井うまい棒」売り切れ。
残念!
さて、会場内、取れた席はスタンド席ではあったもののステージ真正面。
私から一直線上に吉井和哉がいる!
なんともまぁ、感動的に見やすい良席でした。

YOSHII KAZUYA SUPER LIVE
まさにスーパー吉井和哉でした。
何の曲からなんだろね~♪と楽しみにしてたら、なななんと!
「ROMANTIST TASTE」
イントロからして悲鳴が歓声に変わるあの瞬間。夢なんじゃないかと。
そう、もうこれは夢なんじゃないかと、ライブ中ずっとそう思ってた。
『いろんな季節を歌ってきた』吉井さんが
あちこち『年代を飛び越えて』歌いたい曲と、ファンが聴きたい曲と
それはもう楽しそうに(ミスったり笑)演奏するナポリタンズと
史上最強にかっこいい照明演出と。
なんだかもう、涙が出るんですよ、凄すぎて。

吉井和哉のフルパワー見せられたなぁ。
いつでもそう思ってるけど、吉井和哉の中身つか。魔力っぷりつか。
そう、こんなに凄い人なんだよなぁと。
こんな人を好きになってよかったよ。いつまでもスーパースターだ。

一番の衝撃は、ストリングスとの「球根」。
以前行なったライブみたくJAZZ風に、とか紹介して始めたけれど、
JAZZとかそうゆうこっちゃない!衝撃作!
こんな音楽聴いたことない!
動揺しちゃうくらい衝撃的だった。

「SUCK OF LIFE」もうそう!
まさかやるとは!バーニーにあんなにいやらしく絡むとは!
いまだにあんなにマイクスタンド回せるなんて!

「花吹雪」からの「HEARTS」の流れは鳥肌立った。
犬小屋での吉井の遠吠え。響き渡る遠吠え。あぁ東京ドームが蘇って涙!

2日経っても興奮冷めやらず。
人生史上ベスト3に入る、最高のライブ。魂に刻まれました。

2月にはwowowで放送されるらしいけど、解約しちゃったしな。
DVDになって欲しいなぁ。
心を落ち着けて茶の間でゆっくり味わいたい。


お土産は久しぶりに購入した吉井グッズ・ビッグポーチと
吉井忘年会に参加した友人からもらった「吉井うまい棒」。
めんたい味なんだよ。
c0000967_15482098.jpg
《セットリスト》
1.ROMANTIST TASTE
2.楽園
3.点描のしくみ
4.SAIDE BY SIDE
5.BLACK COCK'S HORSE
6.花吹雪
7.HEARTS
8.バッカ(ストリングスバージョン)
9.BEAUTIFUL(ストリングスバージョン)
10.球根(ストリングスバージョン)
11.シュレッダー(ストリングスバージョン)
12.マンチー
13.WEEKENDER
14.LOVE LOVE SHOW
15.WINNER
16.SELCOME TO DOGHOUSE
17.SUCK OF LIFE
18.ビルマニア
19.血潮

ENCORE
20.HIKARETA
21.星のブルース
22.SO YOUNG
23.FINAL COUNT DOWN
24.FLOWER


[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-30 15:47 | LIVE

吉井和哉スーパーライブに行く前に、個人的な恒例行事
勝手にof the year2013 ノミネートを考えたいと思います。

興味ある人だけ、どうぞ↓

とりあえず、


《アルバム部門》
・amazarashi/あんたへ
・GRAPEVINE/愚かな者の語ること
・サカナクション/sakanaction
・スピッツ/小さな生き物
・ストレイテナー/Respledent-EP
・HiGE/Qeens,danke shon PAPA!
・LUNA SEA/A WILL
・Arctic monkeys/AM
・Of monsters and men/my head is an animal

こんなところでしょうか。まだあったようにも思いますが・・・


《この1曲》
・なしくずしの愛/GRAPEVINE
・Little talks/Of monsters and men
・血潮(アカペラver.)/吉井和哉(福島公演ライブビューイングDLL)
・潮騒のメモリー/鈴鹿ひろ美
・恋のチムニー/竹脇みつる

あ、最後はウッチャンのコントネタでした。


《ライブアクト部門》
・怒髪天@鹿児島SR
・氣志團@鹿児島市民文化ホール
・GRAPEVINE@福岡ドラムロゴス
・ストレイテナー@鹿児島キャパルボホール
・ビョーク@FUJI ROCK FES' GREEN STAGE
・MUFORD&SONS@FUJI ROCK FES' GREEN STAGE


と、まあ今日はこんなところで。
もうすこし熟考してみようかな。

[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-27 18:15 | 私的音楽反省会

ファナカンダンしよう!

待ってたよ、この日を待ってた。
発表から1年ちょっと。
ホントかウソかなんて疑うこともせずに、この日を待った。

記念すべき12月28日、日本武道館以外の会場は初となる
マリンメッセ福岡での
「yoshii kazuya super live」!
ついに明日なんだぜーーーーー!!!

そんなこんな待ち焦がれた12月28日が迫ってから
体調を崩し始める34歳の冬。厳しい寒さは34歳の体にしみる。
平熱35.6度くらいの私が37度の熱発。
なんだよ、これーー!ちっくしょーおいらのバカやろう!!
受診した病院でニンニク注射を打たれるも回復はゆっくり。
ゆっくり回復しているだけましか。

そう、回復しているだけ良いのだ。
行けるんだもん福岡に。マリンメッセ福岡に。

取れたチケットの座席は良席とは言えないけれど、
記念すべきライブを体験できるんだから、どこでもいい。

吉井の楽曲の復習は出来ずじまいになりそうだけど
もう、CDの感覚を忘れて生音を楽しむのもいいかな、と。

寒さ厳しい今年の終わりに、もっとも寒くなりそうな28日。
福岡は雪が降るんじゃないかな?
それだって、1月8日の東京ドームを思い出させるよね、きっと。

あぁ、楽しみだ。こんなにライブを楽しみに思うのも久しぶりな気がする。
体調悪いからこそ、希望をかんじてるのかもしれない。

それではみなさん、12月28日マリンメッセ福岡でお会いしましょう!

[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-27 17:51 | MUSIC

そろそろ1人で

旅をしたい。
さみしいくせに!したくなるんだ一人旅。
年末年始休暇が意外に長いことに気付いて
年末は吉井和哉のマリンメッセ福岡に行くので
これはこれで一泊旅行なんだけど。

もっと遠くに行きたい。

1人でふらっと出かけたい。

そんなことをここ二、三日はずっと考えてた。
今一番何処に行きたいのか、ってそれは伊勢神宮。
なんだけど、行くとなるとお正月明けてからだし
初詣客で溢れてるとのことで、断念。

で、また考えて、そうだ京都に行こう。
とようやく決断しました。
大好きな京都。寺社仏閣巡りができる012.gif
とはいえ、正月。交通費は出来るだけ抑えたい。
あれやこれや考えて、新幹線+LCCのピーチ航空を利用してみることに。
新幹線は乗り換えなしで鹿児島から新大阪まで行けるようになったし、
飛行機乗るのと新幹線に乗るのって、時間的には変わらない。
ピーチ航空は関西空港発着。関空から京都までの移動がちょっと面倒かな?
とにかく交通費の安さで選んでみた。
ま、新幹線もピーチ航空も初体験だし、楽しめそうだ。

せっかく京都に行くなら、見てみようと思ってるのが
大河ドラマ「八重の桜」の新島旧邸。
年始の開館日に合わせて旅程を組みましたよ。
ここは事前予約しないと見学できないそうで、ポチっと予約で
旅行手配は終了〜029.gif

さあ、京都に着いたら初詣はどこにしようかな⁇
やっぱ清水さんかな?
貴船神社に行ってみようかな?

4年ぶりの京都に向けてガイド本とにらめっこ。


あぁー!吉井ライブの予習も忘れずにしとかないとね。
クリスマスとかなんとかいうあれはどうでもよくなるね。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-19 22:56

「かぐや姫の物語」

実は、公開1週間後には見てました。
高畑勲監督のジブリ映画「かぐや姫の物語」。

わたし、この映画好きです。ジブリの中でもベスト3に入るくらい好き。
よくよく知ってる内容なのに、こんな風に物語が変わるんだ!?って驚きもあったし
シンプルな画面構成なのに、味わい深く感じた。
なんといっても、登場人物の動きが愛らしい。
かぐや姫、かわいすぎるでしょ!
そして、せつなすぎるでしょ!
切なすぎるんです、初めから最後まで。
わたし、ずーっと泣いてました。
映画の宣伝文句に「姫の犯した罪と罰」とあるんですが、
見終わった後に、んじゃ一体、罪と罰ってなんぞや?て考えるんですが
なんなんでしょうね?
あれかなこれかな、あることはあるんだけど、でも最大の罪って
人間として生まれ育ち、人を愛し愛されたことなのかなぁ。
ま、これは見た人それぞれに答えがあるんでしょうね。

ラスト、月の人々がかぐや姫を迎えにくるシーン。
こんなに素敵な音楽って、想像もしてなくって
悲しくって切なくってたまらないシーンなのに、音楽流れてきたら
ちょっと笑っちゃった。

今年も残りわずか。
見たい映画は冬休み来る前に見とこうかな。
とりあえず明日は映画割引あることだし、「清洲会議」みてこよっと。

[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-15 17:30 | 映画感傷