ブログトップ

フジロックの裏で・・・

夏フェスの裏で注目しているイベントがありました。
福岡で行われるイベントRockDaze!2011
親不孝通りにあるライブハウス、Drum Logos 、Be-1、 Sonというドラム3会場を
自由に行き来できる屋内イベント。
去年まではZeppとか、ちょっと広い会場でやってたんですが。

今年の夏フェスはどこに行こうかなぁ~と考えていたときに、
おぉ☆行きたいフェスとカブらなければいいなぁと思っていたけど
見事にフジロック3日目とかぶってしまいました・・・

ピロウズ、黒猫チェルシー、MAN WITH A MISSION。
そして今回、参戦決定したのが、怒髪天!
そりゃないよーーー!
行きたくなるよぅ。未練タラタラだよぅ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-25 16:05 | MUSIC

その夜、酒に負けた

吉井和哉のライブが終わって、福岡サンパレスを後にし
さぁ後は新幹線に乗って帰るだけさ!と博多駅に着いたのが21時40分頃。
予約していた鹿児島行き最終の新幹線は22時27分発。
まだ時間に余裕があるわ、さぁ友よ酒に付き合え!
とプロントに入り、調子に乗ってアルコールを2杯。
喉も潤ったし、さ帰ろうと友人と別れ改札をくぐったのですが。

乗り遅れました・・・

最悪です。もう最悪。鹿児島には帰れない。
翌朝、朝イチで帰るしかない・・・
ふしぎですね~、どんなに酔っていてもピンチの時にはシャキシャキと動けます。
すぐにみどりの窓口で相談。
予約していたチケットは変更不可の代物だったため特急券は再購入するはめに。
金なんてもうネェよ!
こんなときクレジットカードがあって本当に良かった。
そしてホテル。駅近くの宿を探し、なんとか一晩を乗り越えました。

どんなピンチでもクレジットカードがあれば大人の行動ができる。
失敗から学んだよ。

にしても、どエライ失敗をしました。反省。
ということで今朝、朝一の新幹線に乗ってうちに帰り、慌てて着替え化粧をすませ出勤しました。
すごく長い旅に出ていたような気分でした・・・

こんな失敗したって後悔なんてしてない。
だって、吉井さんのことが大好きだからァァ!
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-22 19:11 | 独り言

あぁ、やっぱり吉井和哉が大好きだ!

「Flowers&Powerlight Tour 2011」 福岡サンパレスの2日目に行ってきました。
ど平日!でも、どうしても行きたかったから!
仕事が終わったらすぐに九州新幹線に飛び乗りました。
全線開業してくれて本当によかった。だって鹿児島~福岡まで1時間30分弱ですから!
しかし、翌日も朝から仕事。最終便で帰る弾丸日程。

それでも、そうしてでも行ってよかったぁ。
私にしては約2年ぶりの和哉のライブ。
会場に着いたら禁断症状も末期状態。
ライブが始まって和哉を見たら、胸が苦しいわ息が出来ないわ。
つくづく、和哉に飢えてたんだわ…

地方公演の最終日らしく、服装はラフ?にヒョウ柄シャツに黒パンツ。グラサンなし。
いつもの妖艶な、カリスマロックスターの姿には間違いないんだけど
なんだか肩の力が抜けてる、っていうか

ほっこり感、出てる?

いやぁ、和哉に限ってまさかねぇ~とか思ってた訳ですが。
MCに出てきたのは、「ライブ前の楽屋で母親からメールがきてね」の話で。
母上さまはケータイサイトの会員に知らぬ間になっていて、
毎回ツアーの感想を読んでは感涙している、とのこと。
『親の言うことを聞かずロックの道を進んだけれど、
あなたが誰かに感動を与える仕事をしていることを嬉しく思っている。
親の言うことなんて聞くもんじゃないわね』
そういう感じの話でした。

あぁ、これ、ほっこりしちゃった。
あと『父親のアキラさんもきっと会場のどこかで見ているはず』という一文もあったらしく
これにはもう、ほっこり極まって泣けてきました。
吉井さんのライブで母親の話とか、そういうのをMCで聞いたのは初めてだと思う。
そんな流れで聞いた「LOVE&PIECE」がとっても印象に残りました。

さすがだなぁと思わされたのは「今回のツアー中、いい花が育ってます。花の曲を2曲」
といって始まった「おじぎ草」
よりバンド感が出てて迫力がある。一瞬も聞き逃せない。
そうして始まる、壮大なピアノのメロディー。鬼気迫る感じ。
なんかとてつもないのが来る、と思ってたら「球根」。
鳥肌たった。曲の間中、鳥肌が消えなくて、震えが止まらなくて
意識的に呼吸をしていた。できるだけこの音を飲み込んでおかなくちゃって思った。

こうして今もライブが出来ていること、いいツアーが出来ていることへの感謝があって
自分の血縁のつながりと、そして会場にいる人たちとのつながりに対する敬意があって
さらに先に進もう、やるべきことをやろうという希望の決意があって。

本当にいいツアーができてるんだな。
いや、ホント、こうしてライブが見れて幸せでした。
来年はもっと細かく全国市町村を回る予定だとか。
『ヨシイ市町村!』って、さもおもしろいだろ?って得意げに言ってましたが。
ヨシイロビンソンをもじったのね・・・

次こそは、遠征することなく自分の街で和哉のライブを見たいなぁ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-22 18:58 | LIVE

SAWAO VS. YOUNG STAR

サタデーナイトに福岡までいって見てきました。
the pillows山中さわお氏、ソロライブツアー。
場所は、え?Drum Logosの裏にこんな建物あったんすか?的に
バスターズをびびらせたDrum Son。

今回のヤングスターはLOVE LOVE LOVEとカミナリグモ。
いわば、さわおさんのプライベートキングダムっすよ。
集まったバスターズはみんなさわおのこと大好きだし。
LOVE LOVE LOVEとカミナリグモはリスペクト・ザ・ピロウズの若手だし。
後輩引き連れて王様気分のさわおさんは、ライブ前にご挨拶をされました。
右手には透明な液体…明らかにアルコール。うん、お湯割りだね。
すでに顔が赤いし。
19時前でこの状態…きっとさわお氏の出番は一番最後。
もつのか?

そんなこんなで、とってもいい子達のLOVE LOVE LOVEとカミナリグモ。
ライブもすごく良くて、なんだか応援したくなるような
本当にいい子たち。

21時ごろになって、ようやく王様・さわおの出番。
正直に言って、お腹が空いて気持ちが集中できなくなってきた私。
出てきたさわお氏はそれでもなお、お湯割りを飲みつつライブを始めまして。
もう、ずるい!自分ばっか呑んで!おかわりするか!
って、ちょっとにらんだりもしてましたが。
いや、弾き語りのさわおさんて初めて見るわけで。
空腹のイライラも吹っ飛ぶくらいカッコイイわ、沁みるわで。
1曲目の「Music Creature」。第一声からヤラれました。
LOVE LOVE LOVEとカミナリグモのカバーもやりつつも、お湯割りをグビグビ。
だんだん目が閉じてきてるにもかかわらず、昨晩みんなで飲んだ話とか
「調子に乗ってまたソロアルバムを作ってる」らしく、
レコーディングの話とか、ベースは淳くんじゃなくてもいい!話とか。
淳くん…カミナリグモの後に会場後ろから見守ってくれてるのに・・・。

そうやってあからさまに酔っ払ってるさわお氏ですが、ギターはうまかったです☆
キチンと弾いて歌ってました!
さわおの弾き語りっていいなぁ。
ほとんどさわおの一人舞台で、後半2曲だけ+カミナリグモバンドでした。
ビートルズの「IN MY LIFE」のカバーとか、なんかもう、泣いちゃいそうなくらい良かった。
そうか、こうなるのか。
って、さわおのこの歌が聴けて本当によかったと思わされた。

アンコールは「みんな嫌な気持ちで帰れ!」というドS発言により
このツアー中に作ったという、これまたドス黒い歌。
しかし、一番印象に残ったなぁ。
10月くらいには新しいソロアルバム出すらしいです。
このドス黒い歌が入るなら全編英語詩ってことはなさそう。

あぁ、大変貴重なライブ。
そして昨今感じたことのない空腹感と、なんともいえないモヤモヤ感を持って(ラストの曲のせい)
夜の天神を帰りました。

このツアー、ファイナルはノンアルコールでやって欲しいな・・・
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-20 17:21 | LIVE

どこフェス行く?

毎年、同じメンバーでのミーティング。
今年の夏はどこのフェス行く?
行かないという選択肢はないんです。
今年はエゾと遅れてやってくるARABAKIとフジで迷ったけど
友人の強いイチ押しでフジロックに決定。
3年連続フジロック。これってもはやルーキーじゃない。
昨年みたいな完全負け戦にはしたくない。
(準備がイマイチだったため疲れで心が折れてしまった…)

ちなみに洋楽に弱いわたし。
今回ちょっと(失礼)注目してるのは、COLD PLAYとアークティックモンキーズ。
国内勢は毛皮のマリーズとOKAMOTO'S。
ベンジーがまさかのシャべ参戦で、さらにHEAVENステージ!という
ちょっとどうしよう的な存在になってしまったけれど
フジに行くならやはり、見届けるべきだな。

さぁ、張り切って準備しなきゃ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-09 19:08 | 独り言