ブログトップ

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

喪中

かねてより入院中だったおばあちゃんが昨日亡くなりました。
去年8月、末期がんと診断され、余命3ヶ月と宣告されましたが
それから約10ヶ月、頑張ってくれました。
いつかはこうなると分かっていたけれど、急変してなくなるまでがすぐで
最後に立ち会うことができませんでした。

葬式も終わり、今この部屋におばあちゃんのお骨を置いています。
85歳の人生、よかったかな。こんな孫でよかったかな。
今はもうゆっくり眠ってね。
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-26 11:54 | 独り言

女優にキュンとなる

最近、録りだめしてた映画を一気に見た。
「幸せのレシピ」「最高の人生の見つけ方」「僕の彼女はサイボーグ」「百万円と苦虫女」。
いやー、邦画のほうが良い。印象に残る。


「僕の彼女~」は韓国の監督さんが脚本まで書いた作品。
主演の綾瀬はるかは未来からやってきたサイボーグ役。ちょいとマヌケな大学生役が小出恵介。
小出くん、割とすきなんだけど。今回の役はクサすぎる。
綾瀬はるかは割りと好きじゃなかったんだけど、サイボーグ役ははまりすぎ。
あの表情は結構キュンとなる。美人だよなぁ。
ストーリー後半で、東京を大地震が襲い、サイボーグの彼女は大学生を助けるためにビルの下敷きになる。
で、大学生がジメジメ泣いてたら地割れがして落っこちそうになって
サイボーグの彼女が必死で瓦礫の下から這い出し彼を助けようとするんだけど。
体がはさまって動けない彼女が、「ウォォォ~」って叫んで、自分の下半身を引きちぎるシーン。
泣けました。キュンとなりました。
結末とかもう、わかんないや、ってなるけど。理想的な美人サイボーグのお話です。


「百万円と苦虫女」主演は蒼井優。好き。
ちょっとしたことから前科持ちになったフリーター鈴子ちゃんがなんとか仕事を頑張って
100万円たまったら次の町へと移動していく話、なんだけど。
鈴子ちゃんのムリっぷりが見ていてつらくて。なんか、こう胸が痛い。
弟役の子、確か『流星の絆』に出てたと思うけど。この子も痛い。
後半、鈴子に彼氏ができる。けどお金を持ってることしか魅力がないと考えた鈴子は彼の前から姿を消す。
彼氏は森山未来。好き。ここで出ましたか!てくらいいい感じ。
鈴子に告るとことか、チューするとことか、チャリンコぶっ飛ばすとことか。
やー、もう、ヤングの恋話は泣けますわよ。
監督は今注目のタナダユキ。次回作も気になります。
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-16 20:07 | 映画感傷

髪切り日和

梅雨。だと髪がもじゃつく。だって私は天パー。
前回、縮毛矯正かけたのが昨年11月。頑張って長持ちした方だ。
ストパーって髪が痛む。だからあんましたくないんだけど、このもじゃつき方は我慢ならん。
ということで、美容室行ってきました。
縮毛矯正&カット&カラー&トリートメント、のスペシャルコース。
久しぶりの美容室だし、奮発したら16500円かかりました…これからフェスシーズンだってのに。
いや、いまきちんとしとけば秋までお手入れが楽なはず!
と、がんばりました3時間。
頑張れたのは美容師さんが私好みのイケメンだったからです☆あざーす

それにしても、私はすぐ髪が痛む。髪が細いんだそうで。
でもそれって昔は剛毛だったことを思えば年取るに連れて弱ってきたような…
髪にもエイジングケア、って本当なんだなぁ。
おうちでも毎日シャンプー→トリートメント→コンディショナー→洗い流さないトリートメント→ドライヤー
ってちゃんとしてるのに、美容室行って1ヵ月後くらいにはもう毛先がパサパサ。
都会のOLみたいに、定期的に美容室でケアしてもらうのがいいんだろうけど。
そこまで見事な女子じゃないしな。
ハー、肩こった。
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-16 19:48 | 独り言

ロード トゥ 枕

吉井和哉の罠にどっぷりはまって忘れてたけど
ピロウズのベスト盤2枚とも買ってました。
別に買わなくてもなぁ、とも思いましたが。
LATE BLOOMERシリーズですから。買いますわ。

で、記念日の武道館。仕事の都合でどーしてもムリ!
なのでZepp福岡で我慢するとして。

mumoのサイトでバスター君のキセカエが開始!
ケータイまるごとバスター君☆
500円するんだけどダウンロードしちゃいました。
いつまでもリトルバスターな感じ。
待受はではバスター君がビールがぶ飲みよ。
はよピロウズのライブ見たいわ~
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-14 21:43 | 独り言

宇宙のどこにいたって

吉井和哉が大好きだーーーーーーーーーー!!!!

「宇宙一周旅行」ツアー宮崎公演@6月7日、行って参りました。
私にとっては今日、平日休みをもらっての小旅行。
いや、もう完璧なウィークエンダーさ。



アルバム「VOLT」をひっさげてのツアーがなぜに「宇宙旅行」なのか?
素晴らしく深い意味がありました。
彼が大好きすぎて感動のあまり泣けてしまうライブでした。
んもうっ、悪い男ですよ、吉井和哉は!
伸びた髪は金髪で、細美のパンツにラフにはおったシャツ。ありえないカッコよさ。

ツアー始まりは「ノーパン」。ブ!これまた渋く色っぽく歌い上げるんだわ。
「ウォーキングマン」と続いて盛り上がってきたところで、キタよモンキー曲。
「ロックスター」!ギャオス!なぜ!チュっチュっチュチューチュっチュっチュチュー☆
立派なロックスターですから、なにも文句はありません。
が、モンキー曲はこれ1曲でした。それが意外で。
おもむろに『雷ねずみ』のぬいぐるみを持ち出し、『ピカピカ~ピカチュー』を鳴らして遊び出す。
一体なにを遊んでるの?いつまでやってんの?
と、いい加減しびれを切らした頃に始まったのが、「20 go」。
おもしろすぎるやろぉ!
いつもいつもツアーのたんびに工夫を凝らしてアレンジしてくるこの曲。大好き。
そんなこんなで、いつもに増して楽しいライブ。やっぱり和哉に勝るものはないわ。
と改めて実感してた。そして後半戦。泣かされる。

Yoshii lovinsonの頃に実はできていたという「恋の花」
「39108」の収録曲とは別の歌詞にて披露。それがまた、絶望的で。
枯れて欲しい、死んで欲しい、て言うのよ。この人の暗闇をとことん味あわされた後、
「ルビー」。吉井の罠にはまって、私だけを愛して、と変えて歌って。

DON'T CRY FOREVER I NEED YOUR LOVE
DON'T CRY FOREVER I WANT LOVE
DON'T CRY SUDDENLY IF YOU ARE GONE
SO SAD SO SAD BABY I LOVE

「TALI」ですよ。恐れるものなど何もない。暗闇から這い上がる。

風に揺れてる白いカーテンがなんか言ってるみたいだよね
徐々にで そう、徐々にでいいから 
赤みを帯びて目を覚ませピンク

「トブヨウニ」。君のすることに無意味なことなどないって。希望が見えはじめて
力強いギターサウンドのイントロ。「ビルマニア」

『流れるままに』最後は絶対そうしよう
生涯愛を捧げる誰かを見つけよう

誰もうらまず、最後は絶対そうしよう
愛する世界に飛び込み いい幻想見よう
夜明けの前のビルマニア

もう見失わない自信。素晴らしいよ、この世界。
この人はどんだけつらいことを乗り越えてきたんだろうか。
本気で泣きそうになるのを我慢してた。
ホント、いいタイミングでピッタリの曲を打ってくる。「シュレッダー」とか「WEEKENER」とか
「ETERNITY」とか「ヘヴンリー」とか。
ステ-ジは宇宙をイメージしてか常に暗くて、閃光のように照明が輝いたり
和哉だけが赤やオレンジに染まる瞬間があったり。
「トブヨウニ」の後だったか、『いつまでもキレイな人でいてください』って話したのが印象的だった。

久しぶりだという宮崎公演はダブルアンコールに応えてくれました。
そしてファンは大合唱の末に大泣きで帰ったのでした。ズルイよ和哉さん。

確信するね。彼のことが大好きだって。1年に1度しかライブで会えないけれど、それでいい。
一生付いてく。
にしたって、このツアー、もう一回見たい。
年末のイベント、行ってしまおうかな?
大満足で、今日は宮崎観光までして帰ってきました。
宇宙は広い。吉井和哉に会えた私は幸せ。明日からもがんばって生きなきゃ。

そうそう、ヨッシーのドラム、良かった!
最後なんてスティック折れて飛んでいってたし。
和哉にはヨシヨシって呼ばれた(笑)トライセラもそろそろライブ見に行こうかな。
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-08 19:50 | LIVE

ちっちゃな

c0000967_18444028.jpg

ありえないベンジー、新譜の予約限定特典らしい。
ワンピースに出てきそうだ。
[PR]
by gogo-8030 | 2009-06-02 18:44 | 独り言