ブログトップ

<   2006年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

めでたい!

YUKIちゃん、無事に男児をご出産とのこと。
母子ともに健康で穏やかに過ごしているとのこと。
いっやぁ~よかったね(涙)本当に良かったね。
YO-KINGきばって働かな。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-31 18:48 | 独り言

スクラップ・ヘブン

これまた映画上映がなくて、泣く泣く見逃してた作品『スクラップ・ヘブン
主題歌がフジファブリックだってことで知ってた作品なんですけど。
2005年公開、監督は李相日、主演はオダギリジョー、加瀬亮、栗山千明。
まぁ、DVDのパッケージからして反社会的なダーク青春映画色が見て取れましたが
コレほどまでとは!!
別にウゲェってなるほど嫌な話でもないけど、痛快!なんて笑える話でもなくて。
どちらかといえば"救われない"感が強く残りました。
オダギリジョーの最後の血まみれの顔。泣き笑いの顔。あれがねぇ…。
あの顔を見ると、あぁ救われないんだな。って思うんだよね。
本当に恐ろしいのは柄本明さんの、怒り。彼の怒りの表現って本当に恐ろしいよ。
っつーか、加瀬亮さん。最初から最後までよごれっぱなしだね。ヨレヨレキング!
潔いカッコよさが強さなのか、潔いよくないカッコよさが強さなのか。
とにかく音楽がやたらカッコいい。ギター炸裂で見せる場面にはドキドキします。
音楽担当は會田茂一さん。通称アイゴンさん。
最近スネオヘアーのインタビュー記事を見て頭に残ってた名前。
編曲には達兄こと、中村達也も参加してる。
そんなサウンドにビビットに反応する私の頭。素晴らしい感覚だ☆
レンタル用DVDにはサウンドトラック6曲が付いてるので是非聞いてみて下さい。
ゆらゆら生きる、基底線のない人間を演じるオダギリジョーは最高にイカれてて
こうゆー役にハマるなぁ。
でも私は、ダークサイドを抱えながらも真っ白に生きようとする役の方が好きです。
昨日見た「メゾン・ド・ヒミコ」と「スクラップ・ヘブン」は対照的な映画。
私はメゾンド~のジョーの方が好き。

ちなみに私のハンドル名"GOGO-8030”のGOGOは栗山千明さんが演じてた
『キルビル』の女子高生GOGOから取ってます。どぅでもいいですよ~♪
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-30 17:36 | 映画感傷

メゾン・ド・ヒミコ

私は今まで、一体何を見て『オダギリジョーが好きだー!』と言ってきたんだろう。
と、思わず振り返ってしまった。
よく見るのはライフカードのCM。ウィダーインゼリーのCM。
見た映画といえば「ザ有頂天ホテル」のあの役(笑)
「顔」「サトラレ」などのドラマに出てる頃は、夢中になるほど好きではなかった。
一体何を見て彼を好きになったんだろう?
それくらいこの映画のオダギリジョーが素敵なのでございます。

犬童一心監督「メゾン・ド・ヒミコ」(2005年公開)
主演はオダギリジョー、柴咲コウ、田中泯さん、他。
当初、私の住む町鹿児島では公開予定はなかったためガックリしてました。
が、田中泯さんのファンが頑張って鹿児島での舞踏公演を実現し
その熱い気持ちに映画館関係者が賛同して、鹿児島での上映が叶った。と聞いてます。
ファンに感謝を示すように舞踏公演終了後、田中泯さんは近くの公園で
ファンに囲んで気さくに話をし握手に答え、踊りまで披露したらしいです。ヨダレもの。
たまたま友人が通りがかって、その娘は泯さんのことを知ってたので
握手をしてもらった!って報告が来たんで知っておるんですわ。
そんな興味をそそるような情報を知りながら、上映期間に見ることができず。
今日に至るまで、そんな映画があったことすら忘れておりました。
ようやく思い出してDVDをレンタルして見ました。
…見て、良かった。ちょっとだけ切なくなった。最後にはあったかい気持ちになれた。
オダギリジョーが大好きだ、と思った。思った理由は「メゾン・ド・ヒミコ」を見たからだって言える。
だっていっぺん見て、またすぐに監督などのコメント付きでもういっぺん見たもん。
あの白いフリル付シャツ、白いスーツ姿、モジャっとしたヘアーに無精髭。
素敵ですね~。素敵という言葉しか出てこないよ。
そしてホームで生活してるメンバーも最高に素敵なのです。
泯さんの立ち姿(座ってる姿も)も際立ちます。
よく紹介されてるあらすじに「私を迎えにきたのは美しい男。彼は父の恋人だった」
「余命幾ばくもない父はゲイのための老人ホームを営んでいた」とありますが、
事実だけど、そんなに大げさなことじゃないって感じ。
必然的にそうなったんだ、って自然に話の世界に溶け込めます。

なぜ「メゾン・ド・ヒミコ」って映画を見てなかった!と思い出したかと言うと
オダギリジョー×勝手にしやがれ『チェリー・ザ・ダストマン』のPV見たから。
勝手に~のサウンドもひどくカッコぇぇし、浮かれたジョニーのようなジョーが最高☆
やっぱりオダギリジョーはロックをすべき人だったんだって思って。
あともう一枚オダギリジョー主演DVDレンタルしてます。
明日もオダギリジョー祭するぜ!
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-29 18:39 | 映画感傷

ジョニーが減る

嘘です。ジョニーは減りません。
浅井健一さんのNEWアルバム『Johnny Hell』の中身が明らかに。
発売日は9月27日!おぉっこれは髭ちゃんのNEWシングルと同じ日ではないか。
BMG JAPANから初回DVD付きで3570円。何のDVDが付いてるんでしょ?

01.SUPER TONGA PARTY
02.WAY
03.原爆とミルクシェイク
04.POLA ROLA
05.RUSH
06.HELLO
07.空港
08.ROMEO
09.JOHNNY HELL
10.哲学
11.危険すぎる
12.GREEN JELLY
13.人はなぜ

多分エゾで「原爆とミルクシェイク」「空港」「人はなぜ」をやってたらしい(謎のBBS書き込み情報より)
「人はなぜ」は先月号の音人でも歌詞について話が出てたから、エゾで聞いた時
あ、これかってすぐに分かった。ジーンとくる曲でした。
ROMEOがロメオだったりはしないよね?よね?
曲は照さん+茂木さんとのセッション5曲とSHERBETS、バイオリンとのセッションによるものらしい。
今ライブやってるメンバーでは入ってないということか?
そのアルバムを持って全国ツアーすんだよね。音の違いが出るんじゃなかろうか?ムム
アルバム発売直前にセカンドシングル「WAY」が9/13発売。
これが「WAY」「君の中で透明になりたい」(アルバム未収録)2曲と
「危険すぎる」「WAY」PVのDVD付きで1890円。高くないですかね?
いやいや、浅井サンの懐を暖めるためならファンは努力すべきですか。
BMGが絡むならまさかのベンジーMステ出演とかないっすかね?
あ、TRの方がいいかしら?いや筑紫哲也さんの金曜深夜便の方がいいかしら。いや…

エゾ以来、髭(HiGE)ちゃんに心を殺られてしまって、正直ベンジーのアルバムより
髭ちゃんのシングル「ロックンロールと5人の囚人」が気になって仕方がない。c0000967_15271114.jpg
髭タイムスの非常に面白い出来だし。
私は正に「後ろ髭ひかれ隊」の一員であります!
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-28 15:37 | JUDEというか浅井健一さん

すっげ~阿部サダヲ@ピンコさん!!!
前にもましてサダヲかわぇぇ~~もぇ~~!!(言うなサダヲ相手に)
あれが一週間前にアーステントで革ジャン来て『エゾ討ち取ったりぃ!!』って
叫んでた同一人物とは、思えない。

WOWOWで「夢人島フェス」の生中継やってたんで所々見てました。
途中でかけたりもしてたんで丸々ゴリっとは見れてないんですけど。
感想は・・・テル太りすぎ!!(笑)すげぇ!!
幸せ太りですか?働いてなかったからですか?どちらでもいいことですね。
久しぶりに『彼女のmodern』『誘惑』聞いたよ。
福山雅治、歌ってもかっこいいんだね。ラストにミルクティー、癒された・・・。
あとは、ミスチル&GLAYメンバーが、桑田さんを交えて肩を組み合うってことに
衝撃と感動を覚えました。
ミスチルもGLAYも20世紀の日本ロックミュージック界を代表するバンドだと思ってるし、
そうそう両方が同じイベント、ステージに現れるってことはなかったんじゃないかと。
最近じゃ両バンドとも大きくなりすぎて、そう易々とフェスには出場しないし。
大人の事情があるんでしょうけど。
本当に楽しそうにミスチル&GLAYメンバーが笑いあったり肩組んだりしてんのが、
印象に残りました。桑田さんパワーすげぇな!さすが音楽寅さん!
残念ながら出かけてる間にミスチル終わっちゃったんで演奏見れなかったよ。

今年の日本は音楽フェス乱立ですね。まだまだ続くし。
それ程フェスは儲かるのか?いや、チケット売れなくて中止になったフェスの話も聞いたし。
これだけフェスがあると個性無くすっていうか。
フェスを起す意義ってのが欲しいよね。ただ祭りがしたいってだけじゃない理由が欲しい。
平和な国だからこそ乱発できるフェスだもんね。無駄にお祭り騒ぎするだけの国ではありたくない。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-27 21:47 | MUSIC

スーパーサマー変態

Mステ、おもしろかったですね☆何がって、もちろんグループ魂がだよ?
エゾでも見たんですけど、あまりの人の多さにステージが全く見えなくて。
無駄にバイト君だけ見えたりしてキーってなったり(笑)しててさ。
浴衣姿でしたね。カヲルがまたもや無駄にいっぱいお着替えしてましたね。
ってか、曲。すげーパンチ効いてて、頭のギターんとこもカッコいいし。
遅刻、やるなぁ。根っからのパンクっ子なのかしら。
だけどあんなにド変態の歌だって知らんかった。
私は何故に『スーパ』「サマー」『アックスボンバ』「ラブハンター」って
あんなにコール&レスポンスしたんだろう。変態の歌だったのに・・・。
遅刻さん、気がつけば鬼神社建てたりしてるし!カメラさん追いつかないよ!!
今回サングラスなしだったね。浴衣に合わせたのかしら。
あのメンバーで浴衣が似合ってたのって、唯一遅刻さんだけだよね(笑)
バイト君とカヲルの振り付けは意味なかったと思う。カメラにあまり写ってなかったよね???
一緒に出演してたアイコさんの感想に
魂のバイトさんと話した!』って書いてありました。アイコかわいい☆

吉井和哉HPのコラムにて、エゾロックの感想出てます。
ッブー!!まさかの間違いやってくれてましたね。
ひたちなかーっなんてさけぶなんて(笑)言いにくいだろっひたちなかってさ!
でも、全然気付いてなかった・・・私の友達だって気付いてなかった・・・。
そんだけ和哉も客も感極まってたんでしょう。お茶目の許容範囲だよ。
まだまだ続く和哉のステキ夏フェスシリーズ。
和哉も皆さんもお体には気をつけて~♪
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-26 16:03 | MUSIC

デッドマンズチェスト

やっぱこれ見ないと夏が終わんない気がしてさ。
パリレーツオブカリビアン~デッドマンズチェスト
まだまだ筋肉痛が残る体で映画館へ行って来た。

前回の話ってどんなっだったっけ?って探りながら見てましたが。
話の展開が早いんだよね~。サクサクっ進んじゃう。
今回はさらにディズニー色が強くなってて、これミッキーのアニメであったなぁみたいなシーンも。
とにかくジャック・スパローがオモシロイ!
より一層イカレた海賊になってて、カッコぇぇけど面白さも捨てきれないジョニーの役作り。
ヒロイン・エリザベスに「(取引のために)俺を口説いてみて」って言うんだけど、
もちろんエリザベスに無視されて、これまた何ともしょっぱい顔すんだよね~(笑)
まったくジョニーの手つき足つき、表情は魅力たっぷり☆
そんなジャックを上回ってカッコェェのがウィル・ターナー役のオーランド・ブルーム!
『ロードオブザリング』の妖精王子役が印象に強いんだけど、
パイレーツ~の髭面も見慣れるとカッコェェ・・・。髭王子・・・。
賢いし、腕強いし、気合十分だし。何より男気溢れてるからね。
前回以上にCGを駆使した派手なシーンも多いし、ウワってグロイシーンもあったり。
それでいてディズニーらしいユーモアたっぷり☆
ジャックの過去話、ウィルの過去話、エリザベスの腹黒い一面が見れたり。
今回の「デッドマンズチェスト」は一話完結ではないんですよ。
次回に続くんですよ、知ってました?
知らんかっただけに非常に気を揉んでます。だって次回は来年5月公開予定だもの。
あぁんもうっあの海賊キーホルダー買ってしまおうかしら。

『デッドマンズチェスト』をこれから見に行かれる方へ↓
エンドロールは最後まで見終わってから席を立ったらいいよ。ちょっとした小ネタがあるからね!
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-24 14:08 | 映画感傷

エゾの余韻

エゾのBBSやら、参加してたアーティストの日記やら見てます。
だってまだエゾ効果持続中。
グッとキタ言葉↓

RISING SUN!
HOKKAIDO is DEKKAIDO!!

俺の人生最良の日
             寿


髭ちゃんの首謀者:須藤寿サマのお言葉でございます。
どんだけライブがはねたか伝わりますね。
あと、魂HPのクドカン日記もおもろいです。特にタンクトップスになった経緯が(笑)
夏フェス仕様にチェンジしたトップページもカッコェェ。
あとあと、エゾBBSでの「会場内でのおもしろいお客さん」スレッドがかなりお気に入りです。
まだまだエゾ気分に浸っていたい・・・。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-24 12:37 | 独り言

夜の短さに驚嘆するのがエゾロック。夜明けまであっちゅーま。
怒涛の真夜中は純潔編、行きます。

テントでお着替え済ませたら、見に行きましょう。
サンステージ 20:30 クロマニヨンズ
キターー!!ヒロト&マーシーのゴールデンコンビ!30分の短いステージ時間だけど新曲バンバン打ってくる。
『僕の恥部は一部じゃない。全身恥部。メガチブ~♪』って歌詞がもうツボで(笑)
ヒロトのMC『ハ、ハジメマシテ。新人ノクロマニヨンズデス』何故かカタコト喋り。
ステージ上にバッタがおったらしく『アブナイ。踏んだら大変だ。』って逃がしてあげて、
そんなヒロトをマーシーがなでなでしてあげたらしい。私には見えなかったんだ。
ヒロト&マーシーは永遠にゴールデンコンビでいて欲しい。切に願う。

走りに走る。今年エゾに来て初めて踏み入れるボヘミアンガーデン。
余りの遠さに歌うしかない。メ~ガ~チ~ブ~♪
ボヘミアン 21:10 向井秀徳アコースティック&エレクトリック
初めて生でちゃんと見る向井さん。感想を一言で言うなら、「これがカリスマか」。
性的少女、The Days Of NEKOMACHI、自問自答って曲だったらしい(BBSより)
繰り返される諸行無常、それでも湧き上がる性的衝動。
すげぇかっこよかった。演奏が長引いてて見れてよかった。

アーステントに戻る途中、レッドから聞こえる渋いトランペットの音色。
KODAMA&THE DUB STATION BANDだ。じっくり見たかったけど空腹には勝てない。
さらに酒の誘惑にも勝てず生ビールをぐい飲み。
休憩できたところでアーステントへ入場。気分良いうちらは前線へ突進。

アース 22:30 MO'SOME TONEBENDER
ステージに登場するや否や黒革ジャンのベース・武井が叫ぶ。
『ブッキョロース!!』・・・こらっ!それはギターウルフのパクリか(笑)
しばらくはベースを持たずにマイクを握り締め叫び続ける武井。
しかも普通のマイクじゃなくて無線機のマイクみたいにデカイやつ。
やっとベースを弾き始め、「ロッキンルーラ」。聞きたかった!
しかし動き回る武井。空いているマイクにスーッと女性が現れコーラスをする。
気がつけばいなくなってた。武井の目の前にいた私達。誰?一瞬の出来事だった。
矢継ぎ早に続く急激ロック、ロック、ロック。1時間も持ち時間あるのにバラードやら
スローテンポな曲は一切なし。アゲアゲばっかり。死ぬわ。
頭の上を絶えず人が転がっていく。レスキューの外人スタッフ2人が仁王立ち。
曲間にゼエゼエなってんのに、それみた百々さん一言。『楽しい?』
そしてまたもや急激ロック、ロック、ロック。足がツるって。
そんなこんなの宴で首に巻いてたベンジータオルが紛失。ヤベっ。
しかし親切な女の子が拾っててくれました。本当にありがとう☆
心身ともに衰弱するライブが終わり、立ち去る百々さんが一言。『寝るなよ』
こんなに疲れさせておいて寝るなっていうか、普通?
その横で武井、裸にチャンピオンベルト巻いてるの(爆笑)!!!!!
何のためのチャンピオンベルトだよ~!!ゲラゲラ!!
これはドSライブだろう。ドSライブに間違いない!!!恐るべしモーサム!

今日になって知った事実。あの突然現れた女性コーラスは椎名林檎だったというのだ。
私の目にはそうは見えなかったけど。何だか一瞬だったし。
他の目撃者によると林檎嬢はビール片手に現れ、ベース武井さんの横で曖昧なコーラスをしてたとか。
同郷だしねぇ。現れたか。林檎嬢だって気がつかなくてゴメンチャイ。
林檎嬢、向井さんのアコ&エレも舞台袖からガン見してたらしい。向井さんも同郷だな。
いいなぁチーム福岡。

ドSなモーサムにめちゃくちゃにされた私はmyテントに戻り仮眠を取った。
サンステージではエゴラッピンが狂ったように演奏続けているのが聞こえる。
マザーシップ、くちばしにチェリーが聞こえる。すごくテンポ速い。歌うまいなぁ。
24:30ULTRA BRAINの音だしで起床。
夜の会場をデジカメで撮影しながら懐中電灯片手にフラフラと歩く。
目指すはエゾの奥の奥、ボヘミアンガーデン。

20日午前1:00 ボヘミアン Taiji All Stars
思いの他人が多く驚く。先に到着してた友人と合流。
始めにタイジが挨拶し何曲か披露。そしてゲストを呼び込む。
sakura、leyonaと、全くもういい女ばっかり。なんで?
そして現れた。まさかの女神登場。松雪泰子さんだ☆
遠目からでも分かるその美しさ。神々しいくらい輝いてるの。ステキなドレス姿。
2曲ほど披露。歌もうまいのね。
次のステージを見るために移動しようと、独りボヘミアンを離れる。
・・・とそこへ『そろそろ呼ばないと酒を飲みすぎるからね、あの人は』というタイジの紹介で
奥田民生登場!いっやぁ~よく働くね、民生さん。
タイジとギター合戦しながら「ルート2」「これは歌だ」を披露。
考えてみれば民生の仕事3/4を見てるなぁ。民生のワンマンライブだけ見てないや。
いいライブが見れてよかった。タイジの人徳に感謝。

思わぬ足止めをくっちゃったんで急ぎ足でレッドスターフィールドへ。
この時間になると屍がゴロゴロしてる。けどお構いなしで太鼓をガツンガツン叩く達兄。
カッコいい・・・これは空腹では勝てない。
とりあえず値下げしたみそラーメン(600→500円)を買って、食べつつまた見る。
レッド 2:30 帰ってきたSPECIAL SESSION
凄いんだ。音もだけどステージ立ってる全員の雰囲気が。
これは疲れた奴らじゃ太刀打ちできない音だわ。しっかり食べなきゃ。
と、ラーメン食べ終わってステージ前方へ足を踏み入れる。
『石狩ジャンキーズ!』って達兄が叫ぶ。イイ☆石狩ジャンキーズってイイ。
誰かさんの「石狩エンジェルズ」とは全く違って、イイ。
達兄のドラムもだけど、ギターの百々さん、バイオリンの勝井さんもスゴイの。
感動しつつ1時間があっつー間に終了。湧き上がるアンコールの拍手。
それに答えてメンバー再登場。半裸の達兄さん、口にタオルくわえて1曲ガツンとかまして帰ってた。
いつもは達兄って呼んでるけど、今夜だけは「タツヤ」って呼んでみた。タツヤ呼びデビューです。
終わったのが朝4時前。ほとんどMCなしの演奏。2時間近くずっと演奏してたんだ。

サンステージ 4:10 KEMURI
RSR2006最後のステージだ。遠くにドーパンが聞こえてるけど、こちらも演奏開始。
KEMURIといえば腿上げ体操だ。みんなこの時間にきて何でそんなに腿が上がるのかい?
フラフラしながら聞いてたら、空が随分明るくなったことに気付いた。
でも残念ながら東の空には雲が広がってた。
今年もまた綺麗な朝日を見ることはできなかった。雲の中から光が透けて見える程度。
20日朝5時10分過ぎ。アンコールも終わった。2006年のエゾが終わった。

とにかく寝たくて1時間myテントで休んでた。起きたらもう周りのテントは撤収してる。
ゆっくり荷造りして、散歩しながら会場内の思い出撮影会をして
レンタルテントはそのまま放置してよいので、なんとかシャトルバスへ向かった。
終わったんだなぁ。去年より夜のスピードが速かったけど、
疲れは去年の何倍も大きかった。各ステージが1時間とたっぷりになったからだろう。
どんなに疲れてもしんどくても、帰り際には思ってしまう。
「来年もまた参加したい」と。すっかり石狩ジャンキーズだわ。

20日は荷物をホテルに置いて、片道2時間かけて旭山動物園へ行った。
さすがに工夫された動物園。見慣れた動物も意外な一面が見れて楽しめた。
それに疲れた顔のエゾロッカーもいっぱいいたしね(笑)
手首に勲章のようなリストバンド。外したくないよね。
夏の北海道は魅力的。エゾロックも風も空も花も。
来年もまた参加できますように。夢のような3日間を過ごすために現実をしっかりと生きなくちゃね。
エゾロッカーの皆さん、エゾジャンキーのみなさん、お疲れ様でした☆また来年。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-22 20:07 | LIVE

さらに書き留めます。思い出しては噛みしめるための記録を。

UAを見ながら飲んでいたジンライムはほぼ原液だったにもかかわらず酔いは回らなかった。
私の心はここに来て決まった。浅井健一VS吉井和哉の葛藤。見るべきものは。
早めにレッドスターフィールドへ。そう、浅井健一を丸々見るよ!
終わったら猛ダッシュかますぜ。和哉も諦めないんだ、私。

8月18日18:30 レッド:浅井健一
勢い余って前列に陣取ってしまった。夕焼けが雲をうっすらと赤らめる。
女性を両側に連れてベンジー登場。今日は黒の長袖シャツに黒の皮パン、サングラス。
ステキ!今日もベンジーはステキだ!
新曲を立て続けにやって、んでようやく一言。
『ハロー石狩エンジェルズ!』
・・・え?エンジェルズ?そんなに女子が多く見てる?いや、男子の方が多いよ。
何?石狩エンジェルズって・・・。
全員で、(モゴモゴ)、ひっくり返ろうぜ
で、出たーーー!!モゴった割にはお決まり文句!!
曲は、危険すぎる、WAY、HEY HEY YOU YOU、人はなぜ、恋のサブマリン、デデュリデデュラ、15才、ディズニーランドへ、スカンク、デビル、あと新曲数曲。インストもあったな。
ブランキーの曲、15才とディズニーとスカンクと、それにそれに危険すぎるとWAY。
うっわぁ~聞けてよかったぁ(涙)WAY大好き。ディズニーも大好き。あのイントロ。
「危険すぎる」ではベンジーを指差し『危険すぎるーー!!』の雄叫び。
林檎嬢がすべきコーラスも野郎共がやってくれる(笑)楽しーっ。
ベンジーの腰フリダンスもいっぱい炸裂したし。
スカンク、デビルでは殺されるかと思うくらいの暴れ模様で。もちろん私もですが。
あ、でも個人的な感想としてはあのバンドメンバーは好きじゃないです。
踊りすぎてクタクタでヨレヨレの体を引きずって、それでも走らなきゃ。
サンステージに走らなきゃ。後悔しちゃいかんもん。

いつのまにか真っ暗になった。長いロードだ。疲れてると余計に実感する。
息上がりながらマーキュリーロードを走り、サンステージが左手に見えてくる。
大ビジョンに見える吉井和哉。げげっ出た!!黒スーツだ!!!ヤバイ!!
何とかサンステージに着いたものの入り口間違ってレジャーサイトゾーンに・・・。
同じように間違った4人の男子組に混ざって、またもや猛ダッシュ。スタンディングゾーンに入らなきゃ。
「FINAL COUNTDOWN」を歌いながら走る。スタンディングゾーンに着くと和哉が話す。
『6年越しにやっと来れました。肺に穴を開けたギタリストも連れてきました。
穴、穴って、穴に入れすぎだっつーの』とこれまた下ネタか?
『あの時できなかった曲をやります』っつって「LOVE LOVE SHOW」
うわー間に合った!皆モッシュゾーンへ突入。和哉も『さぁ、おいでおいで!!』
落ち着く間もなく私も走り出す。踊る、歌う。
『愛してます!!』和哉の言葉が沁みる。
『もう1曲昔の曲をさせてください』で「バラ色の日々」のイントロ。湧き上がる歓声。
追いかけても追いかけても逃げていく月の様に、
指と指の間をすり抜けるバラ色の日々よ。バラ色の日々よ。
ワンダフォーって、和哉が言ったように思う。
号泣してしまった。声あげて泣いてしまった。
吉井和哉の本当の姿を見た気がした。やっと大道に帰ってきたなぁ、6年もかかったなぁ。
号泣して周りの皆さんにご迷惑をおかけしたかも。ごめんなさい。
しかも、走ってる間にヒップバックが開いちゃって財布やらいっぱい落としました。
リロ&スティッチ財布を親切に拾って持ち主を探してくれた貴方。本当にありがとう。
素晴らしかった。見れるもんなら最初から見たかったよ。
MYテントで友人と再会。和哉は間違いなくベストライブだったという。そうだろうよ。
私が聞けなかったのは、WEEKENDERやら新曲とCALL ME、TALI、BEAUTIFULだったらしい。
黒スーツでCALL MEは是非とも聞きたかった。スカパーで放送されますように☆
ここまでで、なんだか気が抜けてしまった。私の一番の山場を超えたからね。
ベンジーで体力の60%、走って80%、和哉で100%消費。
それでも時刻はまだ20:00。祭はまだまだ本番だ。
自分のMAX超える真夜中編は、また続けます。
[PR]
by gogo-8030 | 2006-08-22 17:06 | LIVE