ブログトップ

カテゴリ:LIVE( 150 )

旅するおっさん達

3年ぶりの鹿児島、そして初のワンマンにして完売。
怒髪天の「OK! LET'S GO TOUR 2012”夢追道中”」に行ってきました。
3年前…こんなにお客さんが増えるなんて想像してなかった。
うれしいかぎり。
感動極まり涙に潤んだライブとなりました。

正直、わたしは怒髪天のCDを買ったことがなくて
というか、借りたこともなくて。ということは手にした事がなくて
だけどライブだけは見に行くという、ファンとしては愛を疑われる性格。
イントロドン!できる楽曲は少ないけれども
ライブはホンッとに楽しい!間違いない!

いつもいつも楽しくて、ライブ終了後には腹痛と顔面筋が痛くてたまらないんだけど
今回のライブは楽しい中にも、これまで以上に
音楽と人生に対するひたむきさが感じられました。
「渡せるものは全部渡した」って増子兄が言ってたけど
本当にそう。
受け取ったものは多かった。

アンコール終わってからのファンの「雪割り桜」の大合唱。
酒を片手に歌う姿には、怒髪天のファンでよかったなぁって
しみじみ感動しました。
うんうん、これまで見てきた怒髪天のライブでは№1間違いなし。

次に会えるまでがんばって生きていくよ。
ありがとう、おっさん!
[PR]
by gogo-8030 | 2012-06-11 17:37 | LIVE

ザ・SHERBETSライブ

鹿児島から日帰りで行ってきました!
「SHERBETS LUX FOX TOUR 2012」@福岡drumLOGOS
開演が18時と早めだったことが幸い、翌日仕事でも九州新幹線のおかげで
スルッと日帰りできちゃいました。

それにしても、私にとってはフジロック以来のシャベ。
福岡で見るのはいつぶりだろう?
アルバムがリリースされてからだいぶ時間も経ってるし、どんなセトリでくるんだか
って期待してたら
古い曲満載!
そしてそれがえ?これってこんな曲だったっけ?ってな新鮮さを持っててビックリ。
シャベにしては切れ味最高にメリハリついてまとまってた感じ。
いやぁ~、ベンジーのギター、最大級の魔力をまとってました。
いつもの花柄シャツに胸元ぱっくり開いて、ご機嫌に腰ふりダンスのベンジー。
タクシードライバーから始まって、これはスゴイ流れでくるわな。
と思ったら、ハイスクールからのカミソリソングなんて最高!
チャームポイントなんて久しぶりに聞けて、思わずベンジー拝んじゃった。
スローテンポなLOVE BEANもよかったなぁ。
ブラックジェニーもよかった。世界を動かしてるのは愛だと信じたいよ。

そうそう、ベースの仲田さんが曲頭の演奏を間違えちゃって
「先輩、それ曲間違えてるよ」とベンジーが優しく注意する場面がありました。
ベンジーのライブでこーゆーこと、初めて見た。
その前にもベースギターの調子悪くて、タイミングよく音が出ない仲田さんに
はにかみ笑いをしてましたが、
ベンジー、ほんっとに丸くなったんですね☆
死んじゃいそうなくらい胸キュンでした。はぁー、今思い出してもイイ!

私にとってはシャベのライブの中で一番よかったなぁ
持ってないアルバムが多いんだけど、セトリ通りに聞きたいなぁ。
いやもうホント、ベンジーは神様でした。
[PR]
by gogo-8030 | 2012-03-20 15:54 | LIVE

年末のライブチャンプ!

SCOOBIE DOのライブツアー「funk-a-lismo! vol.7」@1218鹿児島SRに行って参りました。
昨年も来てくれたスクービー。
1年2ヶ月ぶりのライブ。

アルバム持ってないから~、とか
曲聞いたことないから~、とか
そーゆう言い訳なんかよして!とにかく一度は見てほしいバンドです。
お金と時間があるのならスクービーのロックサウンドを聴きなされ。

今回も荒くれFUNKY4はイカしたスーツに身を包み
3度のアンコールに答えてくれました。ありがっと☆
「真夜中のダンスホール」はもちろんだけど、「言葉になんてならないね」とか「ドア」とか
いつでもミラーボールをまわして欲しいほど
雰囲気に酔いしれちゃうんだ。ここがどこだか分かんなくなっちゃうくらい。

『他の人たちから見たら、音楽聴くためにこーやって集まって
イェーイとか言ってるなんて、おかしい奴らだと思うよ。
だけど、オレたちもお前たちもロックがないとダメな奴らなんだよ。
ロックがないと生きていけない。
どっかイカれちまってんだよ。

ロックが聞きたいって奴らがいて、オレ達がそこにいって音を鳴らせば
そこにロックが成り立つんだよ。
ミラクルなんだよ。』

こんな風な話をコヤマシュウが語ってました。日が経っているので不確かですが…
本当にカッコいい男です。
テレビで歌ってる奴らより数倍もカッコいい。
まさにロックスター!ライブチャンプを名乗るだけある!

ラストのラストのラストは『オレたちのデビュー曲』の「夕焼けのメロディー」
胸に刺さるね。いつまでも終わって欲しくない歌でした。

FUNKY4、ツアーラストまでガンバレ!


ライブ終了後にTシャツを購入し、リーダーとMOBYにサインを頂きました。
2012年は、どんなバンドのライブにもコイツを着用し
スクービー熱をアピールしたい所存でございます。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-12-26 19:08 | LIVE

元気優良児対決!

9mm parabellum bulletの「MOVEMENT MOMENT TOUR番外編~POLYSICS movement~」
@鹿児島キャパルボに行ってきました。
テナーのライブに行って中1日。ちょっとキツかった。
そして今は後遺症で頭がガンガン痛んでます…

とにかくファンが若い!
学校帰りと思われる高校生の姿もあって、なんだか久しぶりに若者のライブに来ちゃった感じ。
ま、しかし。大人の楽しみ・ビールを飲みつつ
先手・POLYSICSが登場!
ロックスターというよりむしろアイドル・ハヤシを見るのも久しぶり。
相変わらずの元気いっぱいの姿に、なんだか励まされてしまう三十路の女(笑)
あぁでも、ギターの合間にキーボード叩くハヤシの姿とか
シーラカンスの曲のときに、「そうだ、もうカヨちゃんいないんだ…」って
寂しくなりました。
アウェイをホームに変える男・ハヤシ。
今日の名言は『オレの桜島は今も噴火している!心はドカ灰だぜーーーーーーー!!!!!!』
ドカ灰っていうのは、桜島の降灰がひどすぎて「いい加減にしてよ!」という
うんざりした気持ちを込めていう言葉なんですが、ハヤシさん?
ま、いっか。元気優良児に久しぶりに会えたから☆

そして後手・9mmが登場。
9mmのライブも鹿児島では2年ぶりだったそうですが、滝くんたら相変わらずの妖精っぷり。
髭が伸びてロビンソンみたいな見た目と裏腹の、その天真爛漫な姿に
「ここにも元気優良児がいた!」と心が乱れました。
ライブは、激しかった。爆音だった。なんの曲だかわかんないくらい。
そして、今の若者世代はいちいち手拍子取るのね。
大好きな「雪に願いを」「カモメ」が聞けたから、もうライブ終わっていいよー
とか、疲れたあまりに思ってしまいました。
けど、菅原が煽る煽る。
その煽り方がエロいんだ。
ぐっちゃっぐっちゃのグルングルンの洗濯機みたいな若者を見て
菅原は嬉しそうに笑ってて、その笑顔は悪魔みたいに可愛かった。

あー疲れた。まだ体調が悪い。9mmって怖い。
元気優良児対決ってすごいわー!
思ったライブでした。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-11-23 15:42 | LIVE

これぞテナーのライブ!

ストレイテナー「LONG WAY TO NOWHERE TOUR」@1120鹿児島キャパルボ
に行ってきました。
テナーのワンマンに行くのも、もう何回目?
初めの頃はシンペイちゃんのドラムを聞きたくて行ってた感じだけど
今は違うなぁ。
うん、ライブの印象も全然違う。格段にレベルアップしてると思う。
イロモノ好きですねーって、昔レコテン店員さんに言われたことある私ですが
ストレイテナーは決してイロモノではないと思う。
私にしては珍しく、普通だと思う。
普通っていうと悪いことみたいだけど、普通にロックしてるってのはすごいことだと思ってるんで。
テナーのライブ見てると、『冷静と情熱のあいだ』という言葉が浮かぶ。
あの有名小説のタイトルなんだけど。
内容じゃなくて、ただその言葉がぴったりくる気がする。
ギラギラとした毒はないんだけど、危うい線をギリギリ正常心に持ち込もうとする感じがして
好きだなーっと思う。

ライブ中はOJこと大山純に心奪われてました(笑)
奴はすげぇ。ホント、魅力的なギタリスト。
アルバム「STRAIGHTENER」の中でも大好きな「cry」って曲で
ドラム締めのあとの、チーンって音をトライアングルで決めたときのドヤ顔ったら☆
いやもう、誰でもときめくでしょ。
シンペイのドラムも最初から最後まで鬼だし、どんなペースで叩いてるんだよ!?って
見たいけど見えない、あのドラムセットの位置が
さらに鬼ドラムを恐ろしくするんですよ。
テナーのライブって本当に恐ろしいなー
恐ろしいくらい聞き惚れてしまうよー
あっという間の最高のライブでした。

そうそう、テナーらしいなっと思ったのが、MCでシンペイが話してたのが
熊本のライブの際、名物の馬刺しを食べたんだけど
一緒にいたエンジニアの方は「家訓で馬は食ってはいけない」とあるそうで
きっと先祖が馬を育ててたか何かで恩があるんだねー
けど、その横で、馬刺しをもりもり食ってたホリエの先祖はきっと馬泥棒だな
そんな馬泥棒ストレイテナーの本領を発揮するぜ!

馬泥棒って(笑)なんかテナーの4人っぽいっと妙に納得してしまいました。
ビートもなんだか馬泥棒っぽいし。

テナーのファンって10代から40?代まで、幅広くって(私だって30代だしね)
偏ってなくって
その辺もテナーの音楽の魅力かなと思ってます。
毎年、鹿児島くんだりまで来てくれるバンドは本当にありがたい。
また見たいなー
[PR]
by gogo-8030 | 2011-11-23 15:24 | LIVE

ウェデイングソング

先週、友人の結婚式に参列してきました。

高校時代の友人で、卒業して以来10数年。
そう度々会ってたわけでもなく。
思い出したように年に1度メールをするかしないかの仲。
それでも数年に1度は顔を会わしたりもしてた。

とっても賢くて、優しくて、謙虚で、おおらかな彼女。
あの高校時代、どうして私と仲良くしてくれたんだろう。
斜に構えてくさりきってた私だったはずなのに。

テーブルに置かれたメッセージには
『入学式の後1-9の教室ですぐ話してくれたこと、内容まで覚えてるよ』

私、ちっとも覚えてないや。でも覚えてくれていてありがとう。
涙が出た。

そんな彼女が選んだ結婚式エンドロールの楽曲は、
くるり「魂のゆくえ」
ここにこの曲を選んでくるセンス。とっても彼女らしくて素敵。
いい曲だね。
結婚おめでとう。お幸せにね。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-11-17 18:13 | LIVE

真心の宴会

真心ブラザーズ『真心道中歌栗毛』@鹿児島11/6に行ってきました。
あぁ、なんて季節にタイムリーなアコースティックライブ!
よくもまぁ2人っきりでツアーできるなぁ、なんて思っちゃったりしたけど
最高に仲良しなお二人さん。さすがです。

いつもはスタンディングの会場に椅子が、整然と並んでいるのを見て
ちょっと心が乱れました・・・そんなつもりじゃない格好してたので。
ステージに真心さんが登場して、
客席から座って見上げるライブってのが慣れなくて、ちょっと可笑しかったり。
片手にビール飲みながら、じっくり音楽を聴くっていうのもいいなぁ~
2人っきりで、息を合わせて演奏する様を見てると
こーゆーのって真心はやっぱ格別だなぁ、とか思ったり。

とにかくMCが面白いんです。発言が自由すぎるんです。
「ライブ中はNOツィートでお願いします!」を繰り返してました(笑)
なんでもかんでもすぐツィートされるから、他のライブにしてもMCが面白くなくなってきたって。
MCで話したそばから情報漏洩されちゃうんだなぁ。
でも、わたしもこれだけは言いたい。

見るからに「いい人」の桜井秀俊さん。
YO-KINGが、愛にあふれる桜井さんに授けた新しい名前、「ラブらい秀俊」!
これ、うまいなぁ~ぴったりだなぁ~って感動しちゃいました。
や、ホント、ラブらい秀俊さんですよね☆

自分も歌いたいって言うと、YO-KINGに「えぇー全部歌うの?はしょってサビだけにしてぇ」
と言われても、笑顔で「順を追って歌わせて下さい」と返す桜井さん。
大人ですよねぇ~

ライブ後半にようやく立ち上がった真心さん。
「サマーヌード」や「空にまいあがれ」をやってたんですが、
なんか雰囲気的に宴会っぽくて・・・2人もそう言って笑ってました。
「うみ」「my back pages」「情熱と衝動」「サニー」「荒川土手」とか
吉田拓郎のカバーまで、アコースティックバージョン最高!
真心を十分に堪能できたライブでした。

今年の6月から始まってるこのツアー。残り8本、がんばって下さい。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-11-08 19:01 | LIVE

The One Nights'11

先週の福岡「MUSIC CITY 天神」でのイベント『The One Nights2011
土日の2日間とも見てきました。
会場は前回と同じ天神中央公園。お隣は大きな病院。
なんというのか、今年もやはり濃かった!
今年は2日間に分けての開催、ということで出演メンバーも2組に分かれました。
1日目は遠藤ミチロウ氏、三宅伸治氏メインで反原発ロック大会。
こーゆーことになるとはまったく想像してなかったので
正直、ちょっと面食らいました・・・。
この問題に関しては、ノリで「そうだそうだ!」ということもできないので
ただ聞いていました。
全体的な盛り上がり方も・・・イマイチでしたね。馬鹿騒ぎするような観客ではないので。
そう、ワンナイツの観客って年齢層高いんですよ。
去年もそう思ったんだけど、今年はさらに一段上がったような。それがいい。
『薄っぺらい歌なんか聴いて何が楽しいんだ!
俺は言いたいことを言って歌ってやる!』
遠藤ミチロウ氏・三宅氏とも、最高にロックンロールやってました。
もちろんキヨシローもやりましたよ。

あ、そうそう。1日目は黒猫チェルシーが30分ほどワンマンの時間もらえました。
なんか若さが空回りしているようなステージで(観客から見れば息子的な感じ)
私としては見れて嬉しかった。

2日目は百々とか佐藤タイジ(今年はヘンチクリンなスカート)とか、ウエノコウジが出てきました。
デビッド・ボウイのカバー曲がメインで、
これはもう、惚れ惚れするくらいカッコよかった。
今年は出店が少なく、ビールも買えず。とりあえず近くのコンビニで仕入れて飲んでましたら
お店の前で知人と話す普通の百々を発見。
なんかフジで見たときより一層、黒々としていてビックリ。偽者かと思ったよ・・・
そんな百々もステージ立てばロックスター☆
楽しそうだったなぁ。
印象的に一番頑張ってたのは、2日間ともマイク持ってた黒猫・大知くんよね。
先輩方の立ち位置気にしながら歌ってたもんね。健気よね。
あと川西も頑張ってたなぁ。場に溶け込んでて一安心でした(笑)

2日目のラストは1日目出演の遠藤ミチロウ氏も川西もみんな出てきて、無事フィナーレ。
キヨシローの雨上がりの大合唱でした。
楽器が持てずにうろつく川西とか渡辺圭一さんとか、ちょっとツボでした。

そんなこんなのワンナイツ。恒例のイベント化したい、とのこと。
してよしてよ。誰が出てきたっていいじゃない。何やったっていいじゃない。
また見れることを楽しみにしてます。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-10-10 19:18 | LIVE

不思議の国

髭ちゃんの「TRAVEL IN WONDERLAND」@0709鹿児島SRホールに行ってきました。
アルバムリリースでもなく、なぜ今このツアーをしているんだろう?
と疑問で、でもまぁ久しぶりの髭ちゃんのライブを見れればいっか。
そういう軽い感じでライブに向かったのですが。

HiGEのライブはいつでも本気だよ!!!

ってことでした。ありがたやありがたや。
しょっぱなから「ギルティーは罪な奴」ですから!
先月、伊豆で作ってきたと言う新曲がめいいっぱい披露されて
「さよならフェンダー」とか「HI HIソング」だったかな。
そしてそれが「サンシャイン」とはまた別方向を向いていて、

あぁ、やっぱり髭ちゃんのロックって最高☆

と思いました。
あの音の広がり、っていうのか重なりっていうのか、
うまく言えないけどそれぞれの楽器の音がちょうど良く広がって空間を埋め尽くす。
いや耳を埋め尽くす瞬間が髭ちゃんにはあって
それを感じるとき、やっぱり大好きだわぁと実感します。

新曲についてもいろいろと話をしてて
つーか、MCのトークが長くて面白くて、笑いすぎて顔が痛くなるくらい。
金曜ロードショーのくだりとか宮崎アニメのくだりとか。
いまさら龍馬ブームのくだりとか。

寿、「兼六園」と書かれたすげ傘を最初から最後までかぶってて
それをアイゴンが「いいなぁ~と思ってて愛媛でようやく買えたんだ」って。
え?それ羨ましがることですか?ってうちらはキョトンですよ。
さらにアイゴン、自衛隊出身ってことで。
これも更にキョトンとしたうちら、ノーリアクション。すみません。

あと、寿「水分はこまめに補給しろよ」「ってカトちゃんが言いそうだね」
あぁドリフネタね。言いそう言いそう、っておそらくオーバー30のファンが頷いて。
「でもカトちゃんはそんな細かいこと言わないよね。
歯磨いたか?とか宿題したか?とかだもんね。
そこが、カトちゃんとストちゃんの違い!」
寿、ドヤ顔決めてました☆
爆笑!うまいなぁー!
やっぱ寿、カッケー。惚れる。惚れてたけど更に惚れた。

ライブ中、寿は笑うってよりも微笑んでて、アイドルばりにいちいちファンに手を振ってて
斉藤くんは斉藤くんで何のタイミングだか爆笑してるし、
アイゴンとギター合わせて楽しんでるし。
新曲以外とくに目新しいこともなく(そんなに昔の曲もやってないし)、
いつもの100%楽しい髭ちゃんのライブ。
そうだよ、髭の楽曲おさらい会だよ、みたいに感じてたけど。
ただ単に、髭ちゃんがライブをしたかったんじゃないかなって、
ツアーに出たかったんじゃないかって思えてきて。

「いろいろ辛いこととかあると思うけど、俺はいつもここにいるよ」
って言ってた。
会いたかったんじゃないかな、自分らを待っててくれる人たちに。
本編ラストは「虹」。
思い出しておくれ、僕を
これを歌う時の寿の笑顔は最高にキュート!何度でも思い出せます。
アンコールラストはフィリポが出てきて「髭よ、さらば」

次に髭ちゃんに会えるのはいつなんだろう?
いつでも会いに行きたい。
髭ちゃん、わざわざ鹿児島まで来てくれて本当にありがとう、だ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-07-10 14:33 | LIVE

あぁ、やっぱり吉井和哉が大好きだ!

「Flowers&Powerlight Tour 2011」 福岡サンパレスの2日目に行ってきました。
ど平日!でも、どうしても行きたかったから!
仕事が終わったらすぐに九州新幹線に飛び乗りました。
全線開業してくれて本当によかった。だって鹿児島~福岡まで1時間30分弱ですから!
しかし、翌日も朝から仕事。最終便で帰る弾丸日程。

それでも、そうしてでも行ってよかったぁ。
私にしては約2年ぶりの和哉のライブ。
会場に着いたら禁断症状も末期状態。
ライブが始まって和哉を見たら、胸が苦しいわ息が出来ないわ。
つくづく、和哉に飢えてたんだわ…

地方公演の最終日らしく、服装はラフ?にヒョウ柄シャツに黒パンツ。グラサンなし。
いつもの妖艶な、カリスマロックスターの姿には間違いないんだけど
なんだか肩の力が抜けてる、っていうか

ほっこり感、出てる?

いやぁ、和哉に限ってまさかねぇ~とか思ってた訳ですが。
MCに出てきたのは、「ライブ前の楽屋で母親からメールがきてね」の話で。
母上さまはケータイサイトの会員に知らぬ間になっていて、
毎回ツアーの感想を読んでは感涙している、とのこと。
『親の言うことを聞かずロックの道を進んだけれど、
あなたが誰かに感動を与える仕事をしていることを嬉しく思っている。
親の言うことなんて聞くもんじゃないわね』
そういう感じの話でした。

あぁ、これ、ほっこりしちゃった。
あと『父親のアキラさんもきっと会場のどこかで見ているはず』という一文もあったらしく
これにはもう、ほっこり極まって泣けてきました。
吉井さんのライブで母親の話とか、そういうのをMCで聞いたのは初めてだと思う。
そんな流れで聞いた「LOVE&PIECE」がとっても印象に残りました。

さすがだなぁと思わされたのは「今回のツアー中、いい花が育ってます。花の曲を2曲」
といって始まった「おじぎ草」
よりバンド感が出てて迫力がある。一瞬も聞き逃せない。
そうして始まる、壮大なピアノのメロディー。鬼気迫る感じ。
なんかとてつもないのが来る、と思ってたら「球根」。
鳥肌たった。曲の間中、鳥肌が消えなくて、震えが止まらなくて
意識的に呼吸をしていた。できるだけこの音を飲み込んでおかなくちゃって思った。

こうして今もライブが出来ていること、いいツアーが出来ていることへの感謝があって
自分の血縁のつながりと、そして会場にいる人たちとのつながりに対する敬意があって
さらに先に進もう、やるべきことをやろうという希望の決意があって。

本当にいいツアーができてるんだな。
いや、ホント、こうしてライブが見れて幸せでした。
来年はもっと細かく全国市町村を回る予定だとか。
『ヨシイ市町村!』って、さもおもしろいだろ?って得意げに言ってましたが。
ヨシイロビンソンをもじったのね・・・

次こそは、遠征することなく自分の街で和哉のライブを見たいなぁ。
[PR]
by gogo-8030 | 2011-06-22 18:58 | LIVE