ブログトップ

カテゴリ:LIVE( 150 )

モーサムナイト!

c0000967_17401847.jpg


ね?ほら、カッコイイ。
これ会場に張ってある超特大ポスター。
だいぶ前のことになってしまったけれど、2/9鹿児島SRにて
MO'SOME TONEBENDER「DEAD BALL PARADISE」ツアーに行ってきました。

ぃやもう、最高ったらありゃしないよ☆
モーサムのワンマンに参戦するにはちょっとした覚悟が必要ですが、
そんなものビール1杯でスーっとするしね。
モーサムみたいにクレイジーでぶっとんでロック楽しんでるバンド、います?
いや、いないよ。最近はカッコつけバンドが多すぎる。
エモけりゃいいみたいなのは、カッコ悪い。
と思ってる私には最高に楽しいライブだった。
箱満杯っていう状況ではないんだけど、少数精鋭揃いのファンのため
近くにいるはずの百々の姿がなかなか拝めない(苦笑)
チャンプ武井(と勝手に呼んでいる)は自由に右往左往、ステージ降りてきて
ライトセーバーで客をバッタバッタと斬りまくる。
わたしもお腹を真っ二つに斬られましたーーーー!!!!
前厄だし、ちょうどいい厄落としになったはず。サンキュー♪
そんでもって、フジタ。何かと気になって仕方ないフジタの動き。
武井がどこにいてもペンライトで照明を当てるその姿に
笑いを通り越して畏敬の念さえ覚えました。
んで、だんだんカッコよく見えてくるとかいう病気になりました。
ことある度に「フジタ、カッケー」と漏らしていたのは私です・・・

九州でのライブは鹿児島と福岡だけ。ありがたやありがたや。
大雪の中、京都から高速道路を移動してきたモーサム。
なんと18時間がかりだったとか!
そんな気持ちを込めて、という百々のMCから始まったのが「G.O.」
・・・なんだかね、そんなMCで唄い始められちゃうとね、
無駄にね、感傷的になっちゃうでしょうが。

チャンプ武井に笑わされ、フジタに恐れを抱きつつも、
やっぱり百々は日本トップクラスのロックスターだと実感。
ギター掻き鳴らして頭振りまくって、アンコールは半裸にギター姿。
直視できません!
細マッチョのあの体・・・/// やだっホントに素敵☆

モーサムのライブ、また見たい。すぐにでも見たい。
今年中にどこかで会えるといいなぁ~
[PR]
by gogo-8030 | 2014-02-27 17:38 | LIVE

あんたへ、伝わってるよ

amazarashi のライブツアー2014「あんたへ」@福岡イムズホールに行ってきました☆
初めてのamazarashi。
CDは聞いてたけどライブは初めて見るよ~というドキドキ感は久しぶり。
ぼっち参戦だったので緊張もしました(30過ぎてるのに情けない・・・)
しかし!そこはやっぱり同じ音楽を聴いてるだけあって
親切な女の子と仲良くなれました003.gif

amazarashi・・・・・・迫力がありました。
鬼気迫るものがありました。
ステージ上にはシルクスクリーンがあって、バンド自体はスクリーン越しになんとなく見える。
思ってたよりもはっきりと見えてた。
秋田ひろむさん、思ってた通り、小柄で、大きく口を開けて体全体で唄う人でした。
正直に言うとCDよりも歌は下手だし、声がひっくり返ったり歌詞が飛んだり、
演奏も音がはずれたりタイミングが若干合わない瞬間もあったんですが!

ですが!

ですが!

必死なんですよね、唄うってことに。
演奏するってことに。
届けるってことに。
必死なんです、それが伝わって、胸を打たれました。
本当に生で聞く音楽に衝撃を受けました。ややや!この人はホントに凄いぞ、と。
ステージのスクリーンには映像が流れて、PVだったり歌詞だったりするんだけど
なんかね、それだけ見てるとドキュメント映画をみているような。
別世界に連れて行かれて
その奥に目を凝らすと、光少ないステージで必死に歌う彼がいるわけですよ。
ちょっとね、感動しちゃってね・・・ダメねおばちゃんは。
がんばれ!って何度も拳ギュっとしちゃって。
いや、がんばるよ私も。

ラストは「僕が死のうと思ったのは」。秋田さんの弾き語り。
一人なのにね、ものすごく力強くて、グーパンチもらった気分。
生きようと思ってるんだよね。

福岡公演はチケット完売。
10代のお客さんが多いのかなって思ってたけど、意外意外。
年配の方も半分くらいでした。
男性が多かった印象。1~2人組がほとんどかな。
前回のツアーは見れなかっただけに、今回のライブで聴きたかった曲をやってくれて嬉しかった。
「夏を待っていました」とか「千年幸福論」とか。
次のツアーがあるならまた行く。絶対。
それまでに過去のアルバム全部聞きなおします。








以下、セトリ。ネタバレ注意!
c0000967_18325577.jpg


[PR]
by gogo-8030 | 2014-01-21 18:32 | LIVE

スーパー吉井和哉ライブ

c0000967_15481816.jpg

ついに!行って来ました吉井福岡マリンメッセ12.28!
ここの会場に来るのは吉井さんでは初めて。
そう、イエローモンキーでスプリングツアーを見て以来!思い出して涙!
てっか。すんげー寒いここ。
c0000967_15481727.jpg
チケット会社BEAとのグッズコラボ、BEABIRIくんグッズが買えるこのコーナーは長蛇の列。
並んでみたけど開場時間が迫ったあたりでお目当ての「吉井うまい棒」売り切れ。
残念!
さて、会場内、取れた席はスタンド席ではあったもののステージ真正面。
私から一直線上に吉井和哉がいる!
なんともまぁ、感動的に見やすい良席でした。

YOSHII KAZUYA SUPER LIVE
まさにスーパー吉井和哉でした。
何の曲からなんだろね~♪と楽しみにしてたら、なななんと!
「ROMANTIST TASTE」
イントロからして悲鳴が歓声に変わるあの瞬間。夢なんじゃないかと。
そう、もうこれは夢なんじゃないかと、ライブ中ずっとそう思ってた。
『いろんな季節を歌ってきた』吉井さんが
あちこち『年代を飛び越えて』歌いたい曲と、ファンが聴きたい曲と
それはもう楽しそうに(ミスったり笑)演奏するナポリタンズと
史上最強にかっこいい照明演出と。
なんだかもう、涙が出るんですよ、凄すぎて。

吉井和哉のフルパワー見せられたなぁ。
いつでもそう思ってるけど、吉井和哉の中身つか。魔力っぷりつか。
そう、こんなに凄い人なんだよなぁと。
こんな人を好きになってよかったよ。いつまでもスーパースターだ。

一番の衝撃は、ストリングスとの「球根」。
以前行なったライブみたくJAZZ風に、とか紹介して始めたけれど、
JAZZとかそうゆうこっちゃない!衝撃作!
こんな音楽聴いたことない!
動揺しちゃうくらい衝撃的だった。

「SUCK OF LIFE」もうそう!
まさかやるとは!バーニーにあんなにいやらしく絡むとは!
いまだにあんなにマイクスタンド回せるなんて!

「花吹雪」からの「HEARTS」の流れは鳥肌立った。
犬小屋での吉井の遠吠え。響き渡る遠吠え。あぁ東京ドームが蘇って涙!

2日経っても興奮冷めやらず。
人生史上ベスト3に入る、最高のライブ。魂に刻まれました。

2月にはwowowで放送されるらしいけど、解約しちゃったしな。
DVDになって欲しいなぁ。
心を落ち着けて茶の間でゆっくり味わいたい。


お土産は久しぶりに購入した吉井グッズ・ビッグポーチと
吉井忘年会に参加した友人からもらった「吉井うまい棒」。
めんたい味なんだよ。
c0000967_15482098.jpg
《セットリスト》
1.ROMANTIST TASTE
2.楽園
3.点描のしくみ
4.SAIDE BY SIDE
5.BLACK COCK'S HORSE
6.花吹雪
7.HEARTS
8.バッカ(ストリングスバージョン)
9.BEAUTIFUL(ストリングスバージョン)
10.球根(ストリングスバージョン)
11.シュレッダー(ストリングスバージョン)
12.マンチー
13.WEEKENDER
14.LOVE LOVE SHOW
15.WINNER
16.SELCOME TO DOGHOUSE
17.SUCK OF LIFE
18.ビルマニア
19.血潮

ENCORE
20.HIKARETA
21.星のブルース
22.SO YOUNG
23.FINAL COUNT DOWN
24.FLOWER


[PR]
by gogo-8030 | 2013-12-30 15:47 | LIVE

ピロウズの久しぶりツアーを見に、友人と福岡まで行ってきました。
the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”@DrumLogos
個人的には約2年ぶりのピロウズライブ。
この日が待ち遠しかった!

なんとこの公演はSOLD OUT!素晴らしい!
ロゴスでピロウズ見れるのがちょうどいい、なんて思ってたけど
もう、狭いくらいなんだ。
いつもだったら2階のロッカーに荷物を預けても、スルスルっと前線に潜り込めた。
しかし今回はそうも行かない。
それだって嬉しく感じるバスターズ10年戦士の私たち。
だって!ちょっと前まで会場内で物販してたんですよ。
鬱々とした男子バスターズばっかだったんですよ。
それが今や、こんなに活気にあふれて・・・ぐすん007.gif007.gif

この満杯welcome!状態にさわおさんも登場からして大はしゃぎ!
首の振りとか右手のグルグルとか、もう「はりきってんな!」と分かります。
明るく楽しくテンポよく。
程よくロックで、程よくお行儀よく。
あぁピロウズ節!ピロウズロック!
全体的には短めの明るい曲が多かった。
聞かせどころとしたら、「LAST HOLIDAY」とか「クォーター」とかかな。
もっとドロっとした暗い曲も聴きたいとこだったけど
あんだけさわおがはしゃいでんだから、いいや。

この日はLogos隣のBe-1でイースタンユース、裏のDrumSONでニューロティカがやってて
この情報をシンちゃんから聞いたさわおちん。
イースタンユースを見に行きたいと
「んじゃっ!」て行く振りすんだけど、漫画みたいなポーズ決めちゃって
カワイイからやめて!て心の中で悲鳴を上げました。
ほんと、顔とか言ってることとかカッコいいんだけど
たまにマジで可愛いとこあるんだよね。罪な男だよ。
「ライブ中にどんどん伸びてくる」ヒゲ、案外似合ってました。
それにしても自虐ネタが減ったなぁ。あ、ちょっとあったか。
来年2月に出るトリビュートアルバムについては、「髭ちゃんはヤバイ」らしい。
髭ちゃんファンとしては、チャラくなるんじゃ?て心配してただけに
嬉しいコメントでした。


アンコールでの「BLUES DRIVE MONSTER」。
これって、私が始めてピロウズのワンマンライブを見たとき、ここロゴスで聞いたんだよなぁ
って不意に思い出して。
それももう9年ほど前になるのか。
変わったようで変わってないなー、今でもこうしてライブ楽しめるなんて幸せだなぁ
とキュゥ~んとなっちゃった。


福岡でのピロウズライブと言えば、もうこれも何年も前のことにはなりますが
ミスチルとの対バンツアーの悲しみがありまして・・・
これがどうにもこうにも、私と友人にはトラウマでして・・・
そんな福岡で、こんな満員御礼のハッピーライブを楽しめるなんて
それだけで感無量なことなんです。
余韻に浸りつつ、久しぶりにグッズ買っちゃいました。
Tシャツと「バラバラにならなかったビーズ」←これめっちゃかわいい!
次にいくライブに着て行こうかな。って吉井和哉じゃん。アリかな??

そんな?福岡バスターズにさわおが残していった言葉は
「今言えることは一つ!金を貯めて待っていてくれ!!」
でした。
お、お、お金・・・!?
素直なバスターズは「イエーィ!!」って応えてましたが。お金、ね・・・。
来年、結成25周年のまつわる企画にはバスターズの大金が動きそうです。
ま、何にしても楽しみではある。
近いうちにまたピロウズライブを味わいたいな032.gif

c0000967_1458072.jpg


[PR]
by gogo-8030 | 2013-11-30 15:43 | LIVE

46都道府県め!

ストレイテナー「21st CENTURY ROCK BAND TOUR」@鹿児島キャパルボ11/19
行ってきましたー!
5月から始まったツアーも46都道府県めらしく(シンペイ談)、後半戦は残り数回。
鹿児島公演まで待ち長かった。
2年ぶりの鹿児島は「ジャスト2年ぶり」(シンペイ談)だそうで。

なぜか一人で見ることが多いテナーのライブ。
始まる前のワクワクドキドキ感を分かち合えないのは寂しいけれど、ライブ始まっちゃえば
どうってことない。

いやもう待ち長かったけれど、ここに来てからのライブを見れて本当によかったと実感。
最初のドン♪の音が4人ぴったり!びっくりしちゃった。
曲もバンド感があふれてて、味わい深かった。

いつからこんなにテナーが好きになったんだろう?
なんかもう、そんなことよりライブを見れば見るほど好きになる。
テナーロックって、まず「美しい」と思う。
そんでもって余韻に「幸福感」があると思う。
だからライブ見ていてとても心地がいい。
お酒がどんどん進んじゃう!
ライブ前からハイネケンを飲んでた私。後半にはZIMAをおかわり。
さすがに瓶を持ちながら踊るのは危険なんで後方に場所を移りましたが
なんか遠めにシンペイに見られてる気がしてた…
あいつ2本目だな、って思われたかしら? …まさかね。

前線でノリノッリで聞くのもいいけど、後方で4人の姿を確認しながら聞くのも好き。
そこにお酒があればひとりでも最高に幸せです。

テナーのライブMCは、まさに[仲良し30代男子]って感じで好き。
エントさんのカタコト日本語がひどすぎる話とか(あまりのイジラレぶりにOJが止めてくれた)
ドラゴンボールのやじろべえ話とか(背表紙に2回出てくる、声優が田中さん)
温泉は刺青お断り話とか(シンペイはチャレンジするらしい)
普通の話してるから好きだな。
ロックっぽく気取らないから好き。

かごんまと言えば歴史の話をするエントさん。
歴史には詳しくないとか言いつつ、確か2年前にも西郷さんとか篤姫とか坂本竜馬とか話してたよ。
ま、かごんま人は西郷どん話すきだからウェルカムよ。
さすがは長崎人よね。

かごんまと言えば一撃必殺・示現流のシンペイはやたらと「チェストーーー!!!!」をかましてた。
それ、めったに使わないんだけど…
ま、長崎弁がめっちゃかわいかったから、いいよ・・・///

新曲の「シンデレラ」も「ブリリアント~」も「ブラック」もよかったけど
「イノセント」「ネクサス」もよかった。
本編ラストの「メロディックストーム」の大合唱。最高に幸せ。

お客さんは男女半々。そんなに若くもなくオジオバでもなく。
少なくもなくパンパンでもなく、暴れるわけじゃないけど盛り上がって、
なんかこう、雰囲気がよかった。
そりゃ福岡とかと比べると大人しいのかもしれないけどね。

まだまだ余韻に浸ってるわたし。セットリスト知りたいな。
もうすぐピロウズのライブなんだけど。
25th記念ツアーだし、ロストマンツアーだから過去曲の復習をせねばならないけれど
もうちょっとテナーを聞いてたいなぁ。




そしてこの記事を読み返して、つくづく「自分シンペイ好きなんだな」って思いました。
今回私の後ろでライブを見ていた大学生男子が言った
「シンペイのドラムってオシャレですよね」が一番のツボでした。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-11-21 18:12 | LIVE

これがあれか。

ワンピースの47都道府県新聞ジャック、鹿児島は昨日11月20日。
ピザの日でした。

普通に新聞開いたら「え?なんの広告け?」てなるよね。
父なんて気にも留めなかったようですが。

c0000967_17103472.jpg


トンタッタ王国が屋久島に~。
屋久猿に襲われるぜ!
[PR]
by gogo-8030 | 2013-11-21 17:10 | LIVE

人間やめた夜

行ってきました!
SCOOBIE DO のツアー「Funk-a-lismo!vol.8」@鹿児島SR、20130919
2年ぶり!

c0000967_1818591.jpg


この街のどこに、こんだけのプラスワンモアが棲息してんだよ?!
って思いたくなる位のお客様。ま、私もですが。
前回の公演より絶対!人数増えてました。

前回の反省も踏まえて、今回はきちんとアルバムを購入してからライブに臨みました。
はぁ~、しびれた。
暴れた。
思いのたけを叫んだ。

たまらない。スクービーのライブは。
白スーツから飛び出す「人間やめないか?!」、久しぶりに聞いてしまい
途端に人間やめました。あはは。
うん、わたしまだまだバカになれる!34歳独身女、人間やめられたぞ☆

バカになれたのは満足なんだけど、以前にもまして、非常に
汗をかいたのはお恥ずかしい…。
グッズの青☆タオル買って、ジョーさんと握手して頂きました。
目と目を合わせてくださいました(涙)
ジョーさんは本当にイケメン。
あんだけベース弾いてるのに、おてては柔らかかったん。。。

人間やめて踊り狂ってるとき、ふと、ミッシェルのライブのことを思い出した。
あの時も、死ぬ気で踊ってたっけ。
後先のことなんてどうでもよくて。すべてがどうでもよくて、
このグルーブですべて吹っ飛んでしまえって。
それはとても幸せな気分。
あの時と同じ。
スクービーの音楽はわたしをバカにして、幸せな気分にする。


翌日はふぬけのまま一日を過ごしました。
魂を吐き出してたんだから仕方がない。
そして、そんなライブを味わえたことに何より満足している。

またね、ライブチャンプさん。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-09-24 18:17 | LIVE

フジロック思い出話、まだまだ続けます。

【7/28日】

11:00~グリーン:THE GOLDEN WET FINGERS
をちら見。どこにいても聞こえて、それと分かるチバの声は
単純にすごいと思う。

11:30~ホワイト:七尾旅人
しゃべり方からしてトライセラ・和田唱に似てて、大丈夫かな?って。
ゆったりまったり聞いてると、この人の良さがじわじわきて
フジらしいステージだったなぁ。

14:00~グリーン:WILKO JOHNSON
電話ズと悩むとか、そーゆー問題じゃなかった!
ウィルコを魂に刻むんだ。ウィルコの音楽を楽しむんだ。
そのうち太陽が照りつけて、ご機嫌なギターに3日目の寂しさも吹っ飛んで
とにかく楽しかった。

15:10~レッド:HAIM
美人三姉妹、めっちゃロックしてる!カッケー!

と、レッドで楽しんでる間にどんどん雨が強くなってきて、
「ああ、そうか。佐藤タイジが出てきたんだな」と思いました。

グリーンで加藤登紀子さんを見ようと思いましたが、そんな気も失せるほどの
強い雨。
すでに雨がしみているずぶんのポンチョ。これ上の雨はちょっと…
おそろしや、今年のゲリラ豪雨!

16:30~レッド:MUDDY APES
で、そのままレッドで始まったライブ。なんとLUNASEAのINORANがいるじゃん?!
しかもセンターで歌ってるの8ottoのマエソンじゃんか?!
ドラム叩かずに歌うマエソンとか新鮮でビックリ。
カッケかったな。

17:30~グリーン:MUMFORD & SONS
雨が小雨になるあたりも、さすがはマムフォード。
夕暮れ時、空を見上げて風に吹かれてると、フジロックがもうすぐ終わってしまうんだ
と、急激にさびしくなった。
その寂しさも、まだまだ楽しめるさって期待も音楽に乗せてくれるマムフォードは
本当にベストアクト。
「I WILL WAIT」大合唱したなぁ。

暗闇せまる苗場の森。ホワイトへ歩く。
c0000967_1844316.jpg


18:55~ホワイト:相対性理論
なんで見てんだろ?ここフジロックだよな?
と思いつつも、人がぎゅうぎゅうで動けなくって、ただステージを見てた。
「来たよ、苗場プリンセス」
それだけを胸にしまいました。

19:20~グリーン:VAMPIRE WEEKEND
なぜ見なかったんだ!?
と、慌ててグリーンに戻ってきました。彼らはいつだって軽快なのに。

20:30~レッド:EGO-WRAPPIN'AND THE GOSSIP JAXX
すんごい人であふれたレッドマーキー。それも納得の演奏。
良恵ちゃん、黒のセクシードレスがかろうじて見えて、よかった。

21:30~グリーン:CURE
ものすんごいスモークで、せっかくの登場シーンも見えない!
しかし、大画面に写されるその姿はまさにロバート・スミス。
期待を裏切らないクレイジーなお姿。

持ち時間が長いので、ホワイトを見に行く。

22:25~ホワイト:THE XX
静かな静かなホワイトステージ。深く美しいライブでした。

しかし、CUREが気になる。のでグリーンに戻る。
c0000967_1844478.jpg


CUREのステージは予定時間を越えて24:30まで!
もう月曜日ですよ!フジロック4日目ですよ!
にしても、後半になるほど声が伸びてたし、ライブ自体も盛り上がった感じ。
おそろしや、CURE!

そんなこんなで、悔い残しがないように最後の最後までフェス飯を味わってから
会場を後にしたのでした。

c0000967_1844490.jpg

さようならフジロック'13。
始まるよ、フジロック'14。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-08-17 18:04 | LIVE

フジロック思い出話、続いてます。

【2日目 7/27土】

11:00~グリーン:THE BAWDIES
ちら見でごめんよ、急いでたんだ。

11:30~オレンジ:夏木マリ
マリさぁーん!ほんとスタイル良くてかっこいい~!
「わたし、バカだーかーらー♪」はその後ずぶんの中で大ヒット中です。

12:30~ヘブン:前野健太とソープランダーズ
初めて見ました、聞きました。クセのある人ですが、なんだか嫌いになれない。
酒がよく合う音楽。
あの黄色いフェラガモのシャツとか。
同い年らしくて更にビックリでした。

今日は邦楽デー、めずらしいな。

14:00~ヘブン:トクマルシューゴ
一緒に見てた友人とスパイラルライフっぽいね、って話してたんですが
違いますね。
よかったです。
c0000967_17415350.jpg


いつまでもヘブンにいたい。

15:30~ヘブン:SKINNY LISTER
あぁ、前夜祭に続いて、2度目のスキニーリスター!好きすぎるんだ。
一瞬でイギリスの酒場に変わってしまう感じ。
こんなかわいい酒飲み女子がいるなんて!世界は広い。

雨が強く降ったなぁ。

16:20~グリーン:FOALS
よかった。泣く泣くスキニーリスターから離れたけど、見れてよかった。
これ、ステージが始まる前です↓
c0000967_17415476.jpg


MANNISH BOYSと悩んだけれど、

19:20~レッド:HURTS
雰囲気がもう、かっこいい。英国紳士め!
今年のフジ1番のイケメンだと思います。
ずっと聞いていたかったけど、次に備えたかったの…

20:20~グリーン:BJORK
ずぶん、このためにフジにやってきた、といっても過言ではない。
ビョーク様、降臨。
ただただ、ビョークという存在に感動しっぱなでした。
宇宙だなぁ、と。
雨なんて何?て感じの天気。雲なんかどっか行ってたよ。

ビョークが終わったら宿に帰りました。
早めの時間だったけど、ビョークの余韻を持ったままにしたかった。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-08-17 17:41 | LIVE

on フジロック!は、こうなりました。
ただいま、BSスカパー!で録っといたフジロックなう3日目を鑑賞中。
MUDDY APES、ちょっとだけ見たな♪
…楽しかったなぁ


【1日目 7/26金】

11:00~グリーン:ROUTE17 ROCK'N ROLL ORCHESTRA
出だしには間に合わなかったけれど、大江慎也どのは拝みました。
フジロックのスタートにはバッチリな演奏でしたね。

なんかずぶん、フジが始まった興奮ではしゃぎすぎて食べまくり呑みまくり
やってた気がする

13:10~ホワイト:怒髪天
楽しかった!増子兄のMC炸裂だったし、ライブの締めがわっしょい音頭(笑)
上原子王子のアバウトな盆踊りでひと笑いさせて頂きました!

この後の記憶がない…雨が降ったのか?
何してたんだ、ずぶん…

15:50~グリーン:FUN.
一緒に「we are young~!」って歌いたかったんだけどさ。
移動しなきゃね。

16:30~ホワイト:浅井健一&BAD TEACHER KILL CLUB
あぁベンジー!今回も花柄シャツでお出ましだ☆
カトゥも欣ちゃんもナベさんもいる。すっごい安心感。
ベンジーの不思議MCが今回はなかったんだけど(フジロックエンジェルズ的な)
その代わり、ファンからの声援に上手く応えられない彼は
もごもごと口元を動かしたものの言葉にならず
えぇい、やっ!とばかりにピックをぶん投げたのでした…
分かるよ気持ち、分かってるよベンジー、大好きさ!

18:10~ホワイト:OF MONSTERS AND MEN
大・大・大期待のステージなのに、どしゃぶり。それもまたいい思い出。
雨の中で聞いてたら、なんだか泣きそうになるオブモンスターの音楽。
期待通りでした。

19:20~グリーン:BRAHMAN
さて、一緒に参加してるお友達を久しぶりに合流してのブラフマン。
いや、登場からして最高にカッコよかった。
福島の映像が大画面に爆音とともに流れる。
こんなことして、嘘くさくなくて、偽善くささもないバンドが日本のどこにいるんだ!?
グリーンのヘッドライナーが似合う、最高にカッコいいバンドでした。

21:30~グリーン:NINE INCH NAILS
いよいよ来るよ、肉食系轟音バンド!という時になってからの雷鳴がすごかった。
雨は降らないんだけど、雷光がもう、怖いくらい。
ピヵ!と真昼のように一瞬明るくなるの。それが演奏中ずっとだった。
それも演出なんだろ!?って思わせるバンドの音楽。
ナインインチは轟音・爆音・スタミナ満載のバンドでした。
それでも寝落ちするずぶんもあっぱれ!

あっというまに終わるねぇ1日目。
[PR]
by gogo-8030 | 2013-08-17 17:38 | LIVE