ブログトップ

spitz@宮崎

報告致します。(長文です)
宮崎行ったからって 巨人キャンプなんて見やしねーゼ★
日本vs北朝鮮サッカーだって 気にしない☆(いやぢつは かなり気になってた)
だがしかし 隣町・宮崎まで行ったのです。

正直、ファンの7割がおば様たちなことに ビビリました。
おば様たち っといっては失礼かなぁ
でも ほんとに あたしらより年上ばっかりで
スカジャン着て行っちゃうような奴は あたしくらい。
デビュー17年も迎えたし 必然か?
いつかはチューブみたいに 「ハワイでライブ♪」みたいなことになるのか?
っと考えつつ ライブ開始。
スタートはもちろん 『春の歌』
あとは 「スーベニア」から中心に進み
たまに 落とし穴を仕掛けてくる。
『歩き出せ、クローバー』 『愛のことば』
・・・・あぁ、もう腰砕けっ☆
『チェリー』 『アパート』 『渚』
・・・・何度も涙が込み上げてくるっ!
席は 一階席の最後部でしたが、ど真ん中で
マサムネの真正面。
全席のおば様方は ライブ半分から疲れたのか 椅子に座ってる。
だもんで、マサムネは私しか見てないはず!!
私のために歌ってる!!
と思い込んでしまうくらい、マサムネは私の真正面で唄ってました。
ホントに40近い男なのか・・・?
ってくらい カワウィ~ね。

宮崎は野球もサッカーもキャンプしてる。
「巨人キャンプ見に行きたいんだけど、早起きできないんだよね」
という崎山さん。
「大の大人が1000本ノック受けてる姿は、大の男がギター弾いて歌ってるのと
同じくらい 可笑しいよね」
「その姿に励まされて バンド続けてます」
というマサムネ。
そうだよね。可笑しいよね。
前から思ってたけど、口にできなかったよ。
だって そんな可笑しい大人を見に他県まで遠征する自分がいるんだもの。
その愚かさこそが なによりも宝物だよ。

ナニ演っても 拍手・拍手・拍手のライブに気が緩んだのか
「ベルトがゆるくて ズボンが落ちてきます」のマサムネ。
『俺のすべて』イントロのコードが掴めないテツヤ。
そのせいで何度もメンバー紹介を叫ぶ田村。
そのせいで長時間ドラムを叩かされる崎山さん。
最終的にはマサムネも ギターイントロを間違えてしまう始末。
「こんなにゆるいスピッツですが これからも頑張っていきます!」
うん。頑張ってください。
あたし絶対生きて中国から帰ってきて
何度でもスピッツのライブに行くんだ。
ラスト 『青い車』。
おぉ、どこまでも行きましょう!!

スピッツの歌って春の季節が似合いますよね。
別れを見送ったり、励ましたり、淋しさを強がったり。
だから何度も泣いてしまったんだわ。

で、翌日観光したのは鵜戸神宮とモアイがあるサンメッセ日南。
暖かいと評判の宮崎ですが とても寒かった・・・
火曜サスペンスなみのロケーションを持つ鵜戸神宮では、韓国人に間違われ
サンメッセ日南では 「子供専用」のブランコでハシャギ
牛ににらまれ本気でビビリ
何とかカンとか カゴンマに帰ってきたよ。
先週から続いたライブ参戦九州ツアーは終わりです。
女・25才、悔いの無い人生を歩んでいます!
[PR]
by gogo-8030 | 2005-02-11 17:35 | LIVE