ブログトップ

上司にビンタはる部下

ベンジーの秋ツアー「Sparkling Head Tour」のチケット、そそくさとゲットできました。
どこでもかんでも先行予約受け付けてるんだもん。簡単さ。
とか言っといて新アルバムになんて全く興味わかないんだけどね。
とりあず私の街に〇ん年ぶりにやってくる、サンタさんちっくなベンジーへのせめての礼儀としてチケットは買っとかないかん!
という、ちょっとした責任を感じてしまうわけです。

昨晩も会社の上司と飲んでました。九州の他支店から某上司をお迎えし、カゴシマの焼酎で囲んであげた。
わたしの酒乱は折り紙つきだから、ちゃんとうちの上司に聞いたんですよ。私が行って粗相をしてもよろしいのか?と。
そしたら、今更『自分は酒乱です』と言われた所でなんてことはない。とおっしゃったので安心してました。
が、自分で自分を止めることが出来ない。酒は理性をふっとばす。
他支店上司の目の前で、私は自分の上司にビンタをはってしまってたようです。
笑うしかない~♪とか言う歌をミッシェルが歌ってたよな。泥酔チバー、さすが分かってる。
何発か頬をはたいて、最後はグーで殴った覚えが…。
それを見てた他支店上司が『羨ましいですね』とか何とか言ったから、彼もビンタしてあげました。
でもさー、そんな私にうちの上司が言ってくれたんだよ。
『お前が結婚したら寂しいけど、お前が幸せになるならそれで仕方がないよ』
『お前は仕事の垣根を越えて好きだからさ、もう、男の仲間入りだよね(笑)』
やっぱ惚れるわ、うちの上司!!!!もう結婚しないよ!!!しないよ!!!
そんなこんなで支店長に「今日も絶好調だね☆」と褒められて帰宅しました。
こんな風に滅私奉公で場を楽しくする私ですが、やはり月曜日は恐ろしいです。
他支店にも酒乱伝説がもう、伝わってしまってるだろう…。
ビンタをはった右腕が痛いんだもん。上司、笑って迎えてくれるだろうか…。
二日酔いはないんだけどさ、粗相の反省しすぎて、ホントもうすみません酒は飲みませんって気持ちになるわ。んがぁぁ。
[PR]
by gogo-8030 | 2007-07-01 19:35 | JUDEというか浅井健一さん