ブログトップ

倶楽部AKANEIRO@福岡ロゴス

出演アルファ、演奏フジファブリック、ってカンジでしたよ。
そうですよ、対バンだったんですけどね。
アルファがものすっごく面白かったんです☆
ラップ2人、DJ1人なんですけど。このラッパーが某團長に激似で!!!
途中まで本気で團長だと信じて疑わなかったですよ。
彼は北九州・若松出身らしく一緒に行ってた私の友人と同郷で、その事実がオモシロ過ぎて
アンドDJくんの「よっ結婚しちゃえよ?」のコメントがオモシロ過ぎて、しばらくゲラゲラ笑ってしまった。
MCでは「あのー、フジファブリックは僕らのことが好きで呼んでくれたのかなぁって思ったんですけど、違ったみたいです」と本音もポロリ。
ヒップホップって初めてで、どう動いていいのやら戸惑ったけど。結局は楽しんだもん勝ちなんで躍っちゃいました。

アルファの所定の時間が終了して、フジファブ登場。
最近音源さえ聞いてなかったし、さぞかし新鮮にライブを楽しめるんだろうなって思ってた。
正直、生音にがっかりした。
あの夏、デビュー間もない頃SET SOTCK'04で見たときと何も変わってない。
確かに人気は出たけど、なんだか煮え切らない。吹っ切れない。
それに比べてポーテのドラムは素晴らしい。その音が浮いてしまうほど。
フジファブ4人の音をもってしてもポーテのドラムを飲み込めない。太刀打ちできてない。
やっぱりフジファブにポーテは、もったいない。
登場一曲目は多分新曲。2曲目はモノノケハカランダ。3曲目も多分新曲。そしてMC。
『城戸くんはフジファブに来て最初の福岡です』って紹介されおった。
そうさ、以前はJUDEだったんだもの!それっていつのライブが最後だっけ?
考えたら堪らなく悲しくなった。次の1っ曲分丸々悲しくて、志村を睨み付けてた。
倶楽部AKANEIROは新曲お披露目会だった。
曲名分からない曲たちはポーテのドラムが活かされてたと感じた。これまでより曲に迫力が出た感じ。
『ないよな~ないよな、ここにいるわけないよな』で始まるあの曲。フジファブじゃない!って思うほど可愛らしかった。ありゃ間違いなくトライセラ節だね(笑)
もう「蒼い鳥」は素晴らしかった。この1曲で大満足。会場内、静まり返ってたね。
アンコール1回目はアルファも一緒に登場。で志村がドラムを叩く。
正直この1っ曲が一番楽しかった。楽しすぎて志村のドラムは気にならなかった。
ポーテがステージに帰ってきて、2回目のアンコールは「ダンス2000」で終了。アレンジはメリハリ利いてて良かった。

ライブの感想としては、不完全燃焼、かな。
なんかライブ慣れしてないバンドと客が集まった、みたいな。いちいちじれったい!!
フジファブってなんで、こぅ、うまくギアチェンジできないんだろう?
客を躍らせるいい曲持ってると思うんだけどな。乗せきらないというか。
倶楽部AKANEIRO企画だからかしら?とも考えたけど、アルファメインで来てた客もそういなかったみたいだし。
聞かせるところは聞かせる。乗せるところは乗せていく。アゲてサゲて。そこが出来てないような。
ギターの音、もっとゴージャスに出来ないかなぁ。ギターは2人もいるんだし。
まぁ今回はちょっとトラブルがあったみたいだったけど。
もう一つ残念だったこと。大ちゃんがメガネをしてなかったこと。
理由は「髪が伸びてきて、メガネ掛けると湯浅弁護士に似てることに気付いたから」らしい。
わたし、湯浅弁護士、大嫌いなんですよ!!!生理的にダメなんです!!!ヤツが出るとチャンネル即チェンジするんです!!!!
なのに大ちゃんモノマネまでやるんだもの。テンション落ちたね…。

一昨年、ワンマンライブを見て「音のバランスがいい」とか何とか書いてたと思うけど
演奏者一人変わればバランスも変わるもんですね。そうよね、ポーテが来たんだもの。
ポーテのドラムの音に合わせて演奏するにはかなりの技術がいるんじゃないかしら?
何よりも攻撃的な気持ちがいるんじゃないかしら?ねぇ志村。
フジファブ、次回は6月くらいにワンマンツアーするらしい。アルバム出すんじゃないですかね?
もし地元に来るなら見に行くけど、九州は福岡だけとか高慢なことするなら、付き合いはもうこれまでだね。


ポーテを捨てた浅井健一さん。恨むよ。全くベンジーは罪な男さ……
[PR]
by gogo-8030 | 2007-02-26 21:31 | LIVE