ブログトップ

the pillows@福岡ドラムロゴス

たっだいまー☆今日は何も買い物をせずに夕方にはカゴシマに帰ってきました。
だってライブが最高すぎたんだもの。その思い出だけでいい。

ドラムロゴス前の公園は桜が満開でした。よく考えたらエイプリルフール。
会場内では前列中央よりに場所をとる。
周りのファンの様子を見るのが好きなんだけど、ピロウズファンの男子って
1人で来てる人が多い。しかもコアなツアーTシャツ着てて
ライブ始まる前なのに鬱々としてる(笑)いかにも熱心なファンらしくて微笑ましい。
ライブ始まってメンバーステージ登場曲が、なんかこうピコピコで。
ステージ上は照明が赤・青・黄色でテケテケしてるし。
ピロウズって感じじゃないところが、これまた可笑しくてツボった(笑)
そのピコピコ曲は「gazelle city」「さよならユニバース」のリミックスだったようです。
ライブ開始1曲目「MARCH OF THE GOD」からして会場の一致団結ぶりは素晴らしかった。「YES MORE LIGHT!YES MORE LIGHT!LIGHT!LIGHT!」
これはイケる!九州ピロウズファン精鋭部隊が集ったぞ!
って、最高のライブになる予感がしてた☆
ピロウズの状態もよさそうで、前半かなりアゲアゲでとばしてた。
途中さわおはMCしてる間にギターチューニングしたかどうかさえ分からなくなってた。
これはすごいことだよね?チューニング中は話し掛けてはいけないくらい
彼は真剣にチューニングするのだよ。それがしたかどうか分からないなんて!!
さわお:「あれ?オレ、チューニングした?」
客:「したよー」「してないよー」
さわお:「どっちだよ!?(逆ギレ)不安になったらとりあえずチューニングだ!」
客「・・・(チューニング中は静かにしてあげる)」
さわお:「オレの頭のチューニングは大丈夫なのか?(笑)」
     「でも(ギターは)狂っちゃいないゼ!!!(得意顔)」
・・・、この瞬間、さわおはロックスターだって実感しました(笑)
本当にさわおはカッコよかった。あまりにカッコいいから目が離せなかった。
だから、さわおと目が合った。コレ絶対。間違いない。
「ノンフィクション」の曲間でお決まりのMCが入りますが、
以前福岡に来て、ラーメン屋(一蘭)に並んでたときファンからサインを頼まれたけど。
そいつはしんちゃんをメンバーだって知らなかったんだ。
って話になって。んで、高い金払ってオッサン4人を見に来る君らはさ、って言うから
「カッコいいよ!」って言ってあげたら
『(自分が)カッコいいのは言われなくても自分がわかってる
って勝ち誇ったようにおっしゃいました。えぇ、その通りです。
楽曲がいいのは分かってるけど、ライブはその魅力が100倍増しになる気がする。
さわおは最高にカッコよい。カッコよいロックスターなのだ!
『美しい恋愛をしてたころの曲』の「彼女は今日」とか、
『よかったら一緒に歌ってください』で「アナザーモーニング」とか、
「ストレンジカメレオン」(アレンジ最高)とか、「MY GIRL」とか。
特に印象的だったのは「さよならユニバース」。
ギターをガシ弾きするところは涙出そうなくらい素晴らしかった。
アンコール終わって、客出しのSE「MY FOOT」でどうしても帰る気になれなくて
皆で手拍子しながら大合唱してたら、Wアンコールに応えてくれた(泣)
しかも、『リクエストは受け付けません』って言って何か弾こうとして、辞めて。
やっぱり「ハイブリットレインボー」をリクエストに答えてくれた時。
嬉しすぎてはっちゃけちゃって、右腕・右足が同時にツッた(涙)
それくらい踊らずには、歌わずにはいられない最高の夜でした。

ただ一つ残念だったのは、私の隣の背の高い男が
緩めの曲になるとタバコを吸ってたこと。ありえない。前列の密集地で。
でもこの人、結構なぶつかり屋だったから怖くて注意できなかった・・・チキンな私。
コイツ、2ちゃんねるで取り上げられてた。
ピロウズのファンでしょ?マナー気を付けようよ。

喉の渇きにライブ後ビールを一気のみしてたら、グッズ販売で並んでるときに酔いが回り。
さわおが目の前で車に乗り込んでたのに、よく見えなかった。
しかも、うっかりバスター君付き携帯ストラップ(¥1500)買って後悔した。
まぁいいや。バスター君見てロックスターさわおを思い出そうっと。
九州バスターの皆様、お疲れ様でございました☆
[PR]
by gogo-8030 | 2006-04-02 22:28 | LIVE