ブログトップ

volcano'06@カゴシマ

2年目にしてこのメンバー。どうやって集めてきたんでしょう???
兎にも角にも今年の初ライブ。始まる前からウキウキ。
まずは、ライジングサンで見逃していたフラワーカンパニーズ
やっぱロック魂入ってる男はただの中年男にはなりゃしねぇー!!
踊る踊る叫ぶ叫ぶ。すべて初めて聞く曲だったけど、ものすごく楽しかった。
鳥肌が立った曲。多分「深夜高速」って曲だと思う。
よかった。「生きててよかったって思える夜を探してる」って。よかった。

次にfat prop。これまた初見のバンド。
ステージ中央に大きなキーボード。
弾いてるかと思えば、え?エアギター弾いてる(笑)
後から調べたら鹿児島出身バンドらしいです。がんばって!
次に下の階SRに降りて、BAZRA。これまた初見。
髭顔がも凄く怖い!なぜかベースがずっと肩をすくめて弾いてる(笑)
でも曲の感じは好き。怖い顔のくせに哀愁があって、切ない感じ。
いや、髭がなければいい人に見えるんだろうけど。
彼はその後物販でカゴシマ弁を話してた。すげぇうまかったよ☆

キャパルボに戻ってTHE BACK HORN
去年はズボンズに捕まって彼らを見れなかったんですよ。
知ってる曲1つだけやってくれました。
汗っかきバンドって感じがしました。一生懸命ってことですよ。

SRに戻るとbloodthirsty butchersが始まってるのに人が多く入れない。
2曲くらい待ってようやく中へ。しかし田淵ひさこ嬢の姿は見えず。
そのままSRで待機して、ギターウルフの恐怖を味わう!
一緒に行った友人はギターウルフ大好きで、またライブが見れることを心から喜んでた。
私はまだ見たことがなく、友人の言葉に期待していた。
最前列に陣を取る友人。隣の方はなんと茨城から参戦してるとか!
さて、そこにギターウルフ登場。と同時に怒涛が起きる。
ヤバイ、殺される。
思わず端っこへ逃げ出す私。それでもとても生きた心地がしなかった(笑)
音もそうだし、客もそうだし。ギターもドラムもファンの動きもすべて敵なんだよ!
でもね、かっこよかった。自分も動いてないと死んでしまいそうなくらい
かっこよかった。セイジさんのあの顔。赤いスカーフ。
背が高いから遠くに逃げても顔が見えて・・・・
途中『コーロースー!!コーロースー!!』って誰かがマイクで叫んでた。
ひぇぇ~~~~~っ
キャパルボへ逃げました。
MO'SOME TONEBENDERが始まってました。
『ペチカ』がものすごく優しかった。ギターウルフに殺されかけた後だっただけに。
見た目はギラギラしてるけど、実はユーモアがある感じ。
それを失笑に変えたいんだろうけど。
途中ベースが演奏投げ出してステージから消えた。
何がおこったんだろうってキョトンとしてたら、彼は一人2階へとあがり
ファンの半分が気付かない所でベース弾いてた(爆笑)
そんな状況に自分でも笑ってて、ほんと可笑しかった。
「ロッキンルーラー」はすでに披露された後だったらしかった・・・聞けずに残念。
オオトリの彼らはアンコール1ッ曲やって帰ってた。
また是非見たいです。今度は集中して。またモモさんの博多弁聞きたい☆

そんなこんなでvolcano’06終了。去年よりも時間が経つのが早かった。
進行がスムーズだったからかも。
お酒もビール・ジントニックを飲みました。飲みながらいいライブ見れるって本当に幸せ。
物販見てたらギターウルフ・トオルとユージ登場!
ユージは片手にプリッツ(サラダ味)と梅干しマン(30円で3個入り)を握り締め
物販スタッフに 「お前、オレのポッキー食っただろう!!!」と因縁をつけてた。
真横でそんな絡みを見せられたもんだから思わず吹き出して高笑いしちゃったよ。
そしたらユージさん「これあげるよ」ってカリカリ梅くれました☆
ありがたく頂きました。そして記念(?)にギターウルフバッチ買いました。
ユージは19歳とは思えないほど大人顔でかっこぇぇ奴でした。
お隣にいた無言のトオルさんには握手して頂きました。
その後、鏡を見た私は汗で眉毛も化粧も取れてた自分の顔に驚愕・・・
トオルさん、汚い顔見せてごめんなさい。
volcanoは必ずバンドメンバーが物販に出ます。メンバーの顔を覚えてないと素通りしちゃいますよ(笑)
去年に続いての開催。かなり自慢できるイベント!
アーティストの選出がかなりいいし、継続開催希望ですね。
いい年始めライブになりやしたーーーカゴシマロッカーズお疲れ様でした★
[PR]
by gogo-8030 | 2006-01-16 19:32 | LIVE