ブログトップ

海の中道 F-X の思い出②

さて、ようやく日も暮れた20時、大トリはわれらが兄貴達、怒髪天の登場。
初参戦にして大トリ。
気合も十分でシミさんの頭は、若かりし頃のJIROちゃんのごとくツンツンしてました!
最前列近くで見てたんで、楽しすぎて記憶がさだかじゃなけど
オトナノススメ、やけっぱち数え歌、オレとオマエ、労働CALLING、酒燃料爆進曲、
はじまりのブーツ、no music,no life
そして、ど真ん中節。これはもう、エネルギー全部使い切った感じ。圧巻!
しばらく立ち上がれない増子兄のヘルプとばかりに告知を頑張る坂さん。
しかし、興奮しすぎて何言ってるのか分からない(笑)
結局、復活した増子兄が通訳する羽目に。オモシレー!
こんなん最高のステージ見ないで帰る奴ら、ほんともったいない。
増子さん、「あ、帰る方々、帰り道気をつけて下さいねぇ。落とし穴掘ってますから」
アハハ!やったね☆
楽しすぎる怒涛のライブ。やっぱ怒髪天はフェスも最高だ。
アンコールはビークルメンバーも登場。
そして、会場内でミニアコースティックライブをしてたらしいスクゥービーも登場。
(つか、ちゃんとステージでやればいいのに!)
みんなでサスパズレ。王子の側でエアギターするビークル&スクービーに激笑。
寸止め歴20年の増子兄は、最後の最後、ステージを飛び降りすぐ側まで来た。
みんなに囲まれてラーララーラー♪歌う増子兄。
汗びっちょりの顔に触れました。ここにいてくれてありがとう!
「また生きて会おうな!」という増子兄の言葉は、本当にグッとくる。

これ終わったらすぐバスに戻って。鹿児島に帰り着いたのは夜中1時半。
疲れた~というよりも、怒髪天のステージ楽しかったなぁ。
それしか頭ん中思いつかなかった。

1日のイベントにこれだけ長く感想書いてしまいました・・・
もちろん翌日は死んだように生きていました。
こんだけ疲れてもフェスはやめられない。
さぁ、今年の夏はどこ行こうかなぁ~
[PR]
by gogo-8030 | 2010-05-18 21:21 | LIVE